スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門司港レトロ ロマンティックな夕景夜景


門司港レトロ地区 そろそろ日が暮れようとしてきました
たそがれ 黄昏と書きますが これは当て字です
夕方 暗くなってきたら 
顔がちゃんと見えない 「誰ぞ 彼は?」から たそがれというようになったとか・・・

ブルーウイングもじ

ここは 門司港で恋人たちの聖地と呼ばれている名所 ブルーウイングもじ 跳ね橋です
おばさんだって歩いてみたいから渡ってきました
橋の上からの見晴し よかったです


続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

私たちの泊った門司港ホテルと旧大阪商船ビルも 黄昏のなか

門司港ホテルと旧大阪商船ビル 夕景

今夜の夕食は ホテルではなく外でいただこうと物色しながら歩きました

小さな入り江のようになっている海に面した所に海峡プラザがありました
ここなら 素敵な夕景夜景を見ながら食事ができるわ と 2階にある居酒屋に行きました
窓から見える景色は一幅の絵のようです
ホテルと跳ね橋 旧税関 遠くに本州が見えています

居酒屋海門からの眺め

せっかく遠いところまで来たのだからと 注文しました 海鮮料理10種盛り

半分ぐらいでギブアップ ご飯とデザートは キャンセルしました
刺身盛り合わせ や ふくのから揚げ だし巻き卵 写すのも忘れて 窓からの夕景を写していました

門司港 海門料理

写真右下の黒いのは このお店の名物 うにまんじゅう 
私はうにが大好きなのですが この日は早朝に起きて 電車に乗り ついてからは歩いて観光をして 疲れ切っていたのでしょう
せっかくのごちそうを前に食べられなくなってしまいました


この風景でおなか一杯になったのかなぁ

門司港夜景2

眼の下の眺め ここに座って涼んでいくのもいいですね

窓からの眺め 眼下

お店を出まして 涼んでいると 電飾ボートがやってきました 写真2枚 横につないでいます
手持ちですので ピントブレブレです
中央に旧大阪商船門司支店の塔屋に灯りが入っています 灯台のようです
右側は 門司港ホテルです

門司港レトロ夜景 ボート

あっという間に 跳ね橋のほうに行きました

門司港レトロ夜景 ボート2

旧税関の背後に高層ビル ここにも展望階があるのですよ
ビルの足元に見えるとんがり屋根は 国際交流図書館です
旧税関と 高層ビルの間の山は たぶん下関の火の山でしょう 展望台の明かりが見えています

門司港レトロ夜景5

なんだかおもしろいのが立っています
門司港のバナナマン 
門司港はバナナのたたき売りの発祥の地なのだそうです

バナナのたたき売り 子供のころ大阪なんばで見たことがあるような・・
ふーてんのトラさんのような人が 口上を述べながら 売るのですよ

戦前 台湾は日本に併合されていて 台湾からバナナが船で門司港につくのです
そこから大消費地である大阪神戸にいくのですが 傷んだものは門司港で腐らないうちに処分しなくてはいけないのです

そこからたたき売りが始まったそうです
一房丸ごと売るのです
最近はもう お祭りの時に伝統芸能のような感じでするぐらいだそうです

門司港レトロ夜景 バナナマン

YOU TUBEにお祭りの時の名人の実演がありました



こういうのを聞いていると 本家の寅さんのをききたいですねぇ 

YOU TUBEに寅さんの啖呵売ばかり集めたのがありました 「男はつらいよ寅さん啖呵売」

脱線してしまいました

海峡プラザはこんなところです
この間 ケネディ大使が来られてはちみつを買われたそうです

門司港海峡プラザ

ゆっくりと歩いてホテルにもどります

旧三井倶楽部もライトアップしていました

旧三井倶楽部ライトアップ

旧大阪商船ビルの塔屋に灯が入っています
旧大阪商船ライトアップ

門司港駅に続く道です
まだ8時ちょっと前なのに 人が歩いていません
もッとにぎわうといいですね

旧大阪商船まえの通り

有名ではないですが 小さなビル 素敵です
神戸にもこういうビルありますね
ホームリンガー商会という会社のビルで 1962(昭和37)年築。
同社は長崎のグラバー社の社員「E・ホーム」「F・リンガー」が設立したスコットランド系の商社で、1952(昭和27)年に下関から門司に移転してきた。
現在もホームリンガー商会の日本支社として使われているそうです

Lloyds-Agency

ホテルに帰ってきました

門司港ホテル入口夜

このホテルは イタリアの有名な建築家アルド・ロッシの遺作で 設計のテーマは門および鮫 インテリアデザインは内田繁
鉄筋コンクリート9階建て 1998年1月竣工

有名建築家設計のホテルですが 宿泊費はリーズナブル ビジネスホテル並みです
びっくりしたことに この日は修学旅行生が泊まっていました
九州の中学生だったと思います エレベーター操作に慣れていなくて 上がったりさがったり エレベータがうろうろしていたのも初々しかったです

私たちの選んだ宿泊プランには おまけがついていまして ホテルのダイニングバー「テンポ」でウエルカムドリンクがサービスされます

さっそく行ってきました

素敵!!!

夜の関門海峡が目の前に広がっています

ダイニングバー テンポ

体調があまり良くなかったので ソフトドリンクをお願いしました
美味しかった
さすがにここは修学旅行生は立ち入り禁止 オフリミットです

ダイニングバー テンポ

部屋からも ライトアップされた関門橋がきれいでした

ライトアップされた関門橋

眼下には やはりライトアップされたブルーウイングもじ

ブルーウイングもじ 夜景

この日はつかれたので 早い目に休みました

とっても長くなりました

でも 本当に夕景夜景がきれいだったので皆様にも見ていただきたかったのです

次回は 門司港駅をご案内します

 
ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot S120
撮影日時 2015/05/13

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 国内旅行 | Genre: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。