京都御所春の一般公開その2


すぐに更新するつもりが 遅くなりました
京都御所春の一般公開続きです

紫宸殿の次に見学したのは 清涼殿せいりょうでんです

清涼殿

清涼殿せいりょうでんは 平安時代には 天皇が日常の生活の場として使用した御殿で 入母屋檜皮葺の寝殿造りです
現在の建物は 平安時代のものよりも小さくなっていますが 古式にのっとって建てられ おもに儀式の際に使われていました

では 続きを見てくださいね

続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!
続きです

清涼殿は日常の御殿であったため 内部はふすまなどで間仕切りされています
間仕切りがあってもこの天井の高さです 寒かったでしょうねぇ
高いところから 釣灯籠(つりとうろう)5基が 下げられています

清涼殿

中央に御休息の御帳台みちょうだいがおかれ その前におかれた厚畳は「昼御座ひるのおまし」という御座です
下々では ござは 薄っぺらいものですが お上の御座は分厚いですね
御座の左右に狛犬さん?がいました この写真では ちょっと隠れています

清涼殿

右端の青い絵の描かれた障子は 「昆明池障子こんめいちのしょうじ」 
この障子は 広縁を遮るような形で建てられていました
風よけでしょうかねぇ

清涼殿

清涼殿の前庭には 呉竹(くれたけ) 漢竹(かわたけ) と呼ばれているハチクの植え込みがあります
呉竹ときくと 筆ペンを連想してしまうのは 私だけでしょうか

紫宸殿の裏側に沿ってすすみ 頭上注意の通路をくぐって つぎへとむかいます
今はやりの自撮り棒で撮影してる外国人熟年カップルがいました

自撮り棒で写すカップル

ぐるっと回ってきて 建礼門のある広場に出てきました

大臣宿所には 御大礼のときに使われた 旛(ばん) や 御菅蓋(おかんがい)が展示してありました

あでやかですね
これは大錦旛(だいきんばん) (霊鵄れいし形,頭八咫烏やたがらす)です
大正天皇の御即位の礼の際の写真も展示してありました

萬歳旛ばんざいばん,日像纛旛につしようとうばん

展示物

紫宸殿にはいる前にちらっと見た建物 春興殿しゅんこうでんです
この建物は 京都御所で行われた大正天皇の即位礼に合わせて大正4年(1915年)に造営されました
式の際,皇位とともに継承される三種の神器の一つ「御鏡」を皇居からお移しして奉安し,賢所大前の儀を行った建物です

春興殿

扉・半蔀(はじとみ)が開放され 内々陣御簾(ないないじんみす)が 見えていました

春興殿 扉・半蔀はじとみ開放

次に行ったのは 小御所(こごしょ)

寝殿造りと書院造りの両方の様式が混合した建物で,諸種の儀式が行われ,将軍・大名など武家との対面にも使用されました。また,慶応3年(1867年)12月9日の王政復古の大号令が発せられた日の夜,「小御所会議」がここで行われました。
昭和29年(1954年)に焼失,昭和33年(1958年)に復元されました。 宮内庁HPより引用



ご大礼後に催す饗宴(大饗)の折に舞われた「萬歳楽まんざいらく」と「五節舞ごせちのまい」の装束を着た人形を展示していました

向かって左側に展示してあるのが 「萬歳楽まんざいらく」
鳥兜に(とりかぶと)襲装(かさね)束で右肩を脱いで舞う

人形(舞楽)展示 万歳楽(まんざいらく) 

向かって右側に展示してあるのは 五節舞(ごせちのまい) 

大嘗祭や新嘗祭に行われる豊明節会で、大歌所の別当の指示のもと、大歌所の人が歌う大歌に合わせて舞われる、4~5人の舞姫によって舞われる舞 Wikipediaより引用



人形(舞楽)展示 五節舞(ごせちのまい)

人形(舞楽)展示

この日は平日でしたので 人形展示だけでしたが 雅楽が演奏された日もあるようです

小御所の側面

小御所

小御所と御学問所との間にあるお庭が 蹴鞠の庭 平安貴族のサッカー場です

蹴鞠の庭

建物の対面には 御池庭
池を中心とした回遊式庭園で 前面には州浜 船着きへの飛び石が据えてありました
対岸には橋が架かり 様々な樹木が植えてありました

御池庭

まだまだ御殿がありました

今日はここまで 

次は 御常御殿 日常生活の場の御殿のご案内します

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね


カメラ機種名 Canon PowerShot S120
撮影日時 2015/04/06

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 京都 | Genre: 地域情報
Tag: 京都

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する