スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京へのいざない展 国立京都博物館


京都への旅 今回は 国立京都博物館新館 平成知新館オープン記念展 「みやこへのいざない」のご紹介です

京都博物館 平成知新館

「京へのいざない」展は 9月13日から始まり 11月16日までです
まだ していますから ぜひお出かけください

見どころたっぷりです

では 続きでどうぞ


ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

下のFc2の赤いバナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてくださいね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!

続きです

京都国立博物館の全体図です

京博俯瞰図

南門から入ります

京都国立博物館は明治30(1897)年に創設されました。

その時の建物がこちら 明治28年10月竣工、30年5月開館 明治古都館

京都博物館 明治古都館

正門から見た明治古都館
この門は 現在は出口専用です

京都博物館正門

では お目当ての平成知新館(平常展示館)へ いざ

設計は、ニューヨーク近代美術館 新館、東京国立博物館 法隆寺宝物館、豊田市美術館などを手がけた世界的建築家、谷口吉生氏です。日本的な空間構成を取り入れた直線を基本とする展示空間では、収蔵品を中心に京文化の神髄をゆっくり楽しんでいただけます。また、開放的なロビーに降りそそぐ陽光は訪れる方々をやさしく包んでくれることでしょう。さらに、展示室全体を守る免震構造、最新の映像設備を誇る講堂、庭を眺望できるレストランなど、新しい魅力に満ちた展示館となっています。京都博物館HPより引用



知新館の前庭は池になっています

京都博物館 平成知新館

半透明のアクリルボードに何やら書いてあります
なになに? (。 ・ω・))フムフム

京都博物館 平成知新館

ここは 豊臣秀吉の建てた方広寺の跡のようですよ

方広寺遺跡解説板

こう書いてありました

国指定史跡
方広寺の遺構
京都国立博物館は 豊臣秀吉が創建した方広寺の境内南側であった場所に建てられています。
方広寺は天正14年(1586)に建立がはじめられ、子秀頼によって整備された桃山時代の寺院です。
平成知新館の設計にあたっては、蓮華王院(三十三間堂)の南大門の中心を通り、明治古都館と正門を結ぶ東西軸上に 新しい入口を設けました
建設工事に先立って発掘調査が行われ この新しい入口の地下約1mの深さから寺の南の門跡や 回廊跡を示す柱の根石(集石)が 検出されました また寺の周辺を区切る長い石垣の下部石積みも発掘されています
平成知新館の建設にあたっては 地中にある柱の遺構を厳重にを保存し、その正確な位置を金属製の円環によって地上に示しました また 水盤の前にもうけられている石列は かって石垣のあったおおよその場所を示しています
在りし日の方広寺の様子を偲んでいただきたいと思います 



方広寺といえば 秀頼が再建した大仏殿の梵鐘に 家康が いちゃもんを付けた 方広寺鐘銘事件で有名ですね
国家安康は という句は家康の名を切ったものであり、「君臣豊楽、子孫殷昌」は豊臣を君として子孫の殷昌を楽しむ、と解釈し、徳川を呪詛して豊臣の繁栄を願うものだと 激怒し 大阪の陣勃発のきっかけになったのでした

この曰く因縁の梵鐘は 今も方広寺にあるのですよ

では いよいよ 展覧会

京へのいざない ポップ

キャッチコピーは  ずらり国宝 ずらり重文

心躍りますね

IFです

平成知新館1F

まず はいってすぐの彫刻のところでは 大きな大きな仏様が 待っておられました
平安時代から鎌倉時代の京都周辺の仏像を展示します。大阪・天野山金剛寺の本尊、巨大な大日如来坐像と脇侍の不動明王坐像が圧巻です

私の行ったのは前期でしたので 特別展示室には 教科書で見慣れたこのお方の肖像画が展示してありました
その他にも有名な天皇や高僧の肖像画が展示していました

頼朝 重盛肖像画

今は後期ですので 展示品の入れ替えがありまして この御方が お出ましです
この絵も見てみたいですね

秀吉肖像画 陣羽織

後期の展示では これもすごいです

宮廷貴族の信仰と美(「京へのいざない」第2期展示)
国宝 粉河寺縁起絵巻 粉河寺

秀吉の愛した天下三作-吉光・正宗・義弘-(「京へのいざない」第2期展示)
名刀が展示されています

また 
桃山画壇の巨匠たち(「京へのいざない」第2期展示) 
これも見逃せないですね

長谷川等伯の お猿さんに出会えます

重文 枯木猿猴図 長谷川等伯筆 龍泉庵

後期も見どころいっぱいのようです
ぜひ時間を見つけて 行きたいと思っています

平成知新館の一階西側に位置するThe Muses (ザ・ミューゼス)で お茶をしました

レストラン The Muses (ザ・ミューゼス)

開館まなしでしたので スムーズに回転していませんでしたが 今はもう大分慣れて来たかな

知新館入口付近から京都のまちを見る

黄昏の京都の空

丸い噴水越しに 明治時代の正門を見る
この正門の特別観賞が確かあったはずなんだけれど どこかに書いておいたのに わからなくなりました
もう終わってしまったのかなぁ 中にはいれたのかしら・・

京博 噴水と正門

噴水の近くには 頬杖をついて考えているひとがいます
何をいつまでも考えているの?

京博 考える人

周辺マップです
この辺りは秀吉ゆかりのお寺が多くて見どころいっぱいです
ぜひゆっくりと見て欲しいです



私は今度は 長谷川等伯の 楓図 桜図を見に智積院に行こうと思っています
この他に『松に秋草図』もありますが 現在は東京の国宝展に出張中です

京都博物館のご案内

火曜日~日曜日 午前9時30分~午後5時(入館は閉館の30分前まで)

観覧料
名品ギャラリー観覧料 個人 20名以上の団体
一般 520円         410円
大学生 260円      210円

高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
※障がい者の方とその介護者各1名の方は無料となります(障害者手帳等をご提示ください)。

明治古都館で同時開催されている 
特別展覧会「修理完成記念 国宝 鳥獣戯画と高山寺」観覧料
   個人               20名以上の団体
一般     1,500円         1,200円
大学生 1,200円          900円
高校生 900円          600円
※中学生以下は無料です。



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 京都旅行 | Genre: 旅行

コメント

智積院

今年は初めて智積院に行きましたので 京博に行きたいです。
真ん前ですよね。お猿さんも 陣羽織も 九博に来て 見なかった
頼朝も見たい。 いけるといいな。

2014/11/01 (Sat) 18:46 | 小紋 #- | URL | 編集
小紋さんへ

京博 ぜひいらしてください 鳥獣戯画もしていますよ
頼朝さんは 残念ながら退出されましたよ
秀吉さんが お越しですわ

2014/11/01 (Sat) 19:29 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。