スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園 八坂神社


初秋の京都の旅 石峰寺五百羅漢の拝観を済ませて 京阪電車で祇園四条についたのが2時半過ぎ
朝からコーヒーを飲んでいなかったので 四条通を八坂神社近くまで行ってやっと タリーズ発見
コーヒーにサンドイッチで一息ついて せっかく来たんだからと八坂神社へと 

八坂神社

以前にも紹介していますが ここが祇園祭で有名な八坂神社 通称祇園さんです
全国にある八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする関連神社(約2,300社)の総本社です

では 続きでドウゾ

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね


下のFc2の赤いバナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてくださいね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!

続きです

八坂神社は 京都盆地東部、四条通の東のつき当たりに鎮座し 地元の氏神(産土)としての信仰を集めるとともに観光地としても多くの人が訪れています
正月三が日の初詣の参拝者数は近年では約100万人と京都府下では伏見稲荷大社に次ぐ2位となっています
私も昔何度か初詣に来たことがあったわ

祇園さんといえば まず思い浮かべるのは真っ赤なこの楼門 重要文化財です
この神社は 四方から入ることができこの楼門が閉じられることはなく 24時間 夜間でも参拝することができます
これは伏見のお稲荷さんも同じです

八坂神社

いつもここから入るので この楼門が正門だと思っていたのですが 実は違うのよ

石段を上がると見えてくるのは 舞殿 
本殿は 左手にあります

八坂神社

藝妓さんや舞妓ちゃん お茶屋さんの提灯に混じって 作家の家田荘子さんのがかかっています

八坂神社

ここが本殿 この日は着物を着た若い人をたくさん見かけました
着物を着て京都を歩こう というイベントかな 

八坂神社

八坂神社の成り立ちは 社伝によれば、斉明天皇2年(656年)、高句麗から来日した調進副使・伊利之使主(いりしおみ)の創建とされています

八坂神社は 江戸時代は 祇園舎といっていました 明治になって 神仏分離で 八坂神社となりました
祇園とは 祇園精舎 
お祭している牛頭天王が 祇園精舎の守護神であるとされていたことから 祇園社と呼ばれていたのが 明治時代になって神仏分離令により「八坂神社」と改められたのです

境内には幾つもの末社がありますが いかにも祇園らしいのは こちら

美御前社 
美の神(多岐理毘売命・多岐津比売命・市杵島比売命)を祀っています

八坂神社

読んでね

八坂神社

美容水というのがありました

社殿前には、神水が湧き出ており、肌の健康はもとより、心から美しく磨かれる「美容水」としてご参拝の皆様に喜ばれています。 2,3滴お取りになりお肌におつけ下さい。

ということです

2,3滴で美しくなれるなら いいね

美容水

先ほど 八坂神社には もう一つ楼門があると書きましたね

こちら 奥の建物が南楼門です  中央が舞殿
堂々とした南楼門は八坂神社の正門です
この門は慶応2年に火災に逢い、明治12年に再建されたものが現代の南楼門です

八坂神社

本殿の正面に向かった南門が八坂神社の正門で 神事の行列や神輿も南門を通ります
下の写真は以前に写していたものです
楼門 舞殿 本殿が一直線に並んでいます

八坂神社 南楼門

南楼門は京都寺社めぐりのメッカの下河原通りに直結しています。
八坂の塔(法観寺)や二年坂、産寧坂を通って清水寺に通じています
また下河原通の東に平行する道が「ねねの道」で高台寺、円徳院、霊山観音もすぐ近くです。

八坂神社 南楼門

楼門をでたところには 大きな石の鳥居も控えています

人力車も控えていました

人力車

この門を出たところはいかにも京都らしい風情のある古い和風建築がならんでいました
ここは 旅館やったかなぁ

京都の旅館

ここは 料理やさんや

京都の料理や

暖簾をくぐって 中に入ると 美味しい京料理が 待っている・・
でも お高いんやろうなぁ

京都の料理や

こうして いかにも京都らしい路地を歩いていて 面白い建物がこの近くだったのを思い出して いこうということになりました

普段は非公開の建物の特別拝観に行ったのですよ

では 次回のお楽しみに・・

祇園祭は 3年前にアップしています 良かったらご覧下さいね 

祇園祭山鉾巡行  動画編

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot S120
撮影日時 2014/09・17
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 京都旅行 | Genre: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。