伏見稲荷大社2 千本鳥居をくぐって


伏見稲荷大社のことを 関西の住人は 親しみを込めて伏見のお稲荷さんと呼んでいます
初詣では近畿地方の社寺で最多の参拝者を集めています

稲荷山の麓に本殿があり、稲荷山全体を神域としています
そのお山の参道は 信者から寄進された赤い鳥居が まるでトンネルのように連なっているのです
千本鳥居といいますが 実際には お山には1万本からの鳥居があるとか・・

では 千本鳥居をくぐって 奥社へと参りましょう
境内案内図です 鳥居だらけ・・・

境内案内図

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

下のFc2の赤いバナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてくださいね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!

続きです

いよいよ千本鳥居

伏見稲荷大社 千本鳥居

ここから鳥居のトンネルが始まりますので記念撮影の人が多くて 写真写せません
進んでいきますと この辺りの鳥居はひどく密になっています

千本鳥居

横から見れば こんなにぎっしり・・

伏見稲荷大社 千本鳥居

奥社では こんな可愛いお狐さん願い札が奉納してありましたでした
思い思いにお顔を書いています

私はこの木のお狐さんのストラップ守りを買ったのですが すでに行方不明

最近こういう願い札が流行っているようで このあいだもTVニュースで キツネではなくて 鹿だったかな(鹿なら奈良ネ)動物の頭の願い札が写っていました

キツネ絵馬

石段は まだまだ続きます
暑いのです

伏見稲荷大社 千本鳥居

熊鷹社の手前に池がありました ひと休みしました

伏見稲荷大社 新池

おぉ 茶店があります
入りたいところですが もう少し行ったところのお店に入ろうと思っているので 横目で見ながら通り過ぎました

伏見稲荷大社 千本鳥居

石段をもうしばらくのぼっていきます
あぁ つきました ここが茶店のある 4つ辻 

この茶店からは京都の街が一望できるのです

四つ辻

そして ここは俳優西村和彦さんのご実家なのですよ
彼は 高校生の時までこの山上から毎日通学していたそうです
すごいトレーニングになるわねぇ

千本鳥居入り口から 30分ぐらいとガイドブックには書いてあります 私は 写真を写したり休憩しながら来たので1時間かかりました

にしむら亭

まだ昼食には早かったので 冷たいところてんと 稲荷ずしを頂きました

にしむら亭 ところてんとお稲荷さん

ところてんで一息ついて 甘くてジューシーなお稲荷さん(稲荷ずしのこと)をいただいて 一息つきました

ちょうどデング熱騒動のさいちゅうだったので 豚のかやりをあちこちにおいておられました

蚊遣り

今時珍しい瓶入りの飲み物を水で冷やしていました
この場所には 車は入ってこれません 人力でかつぎ上げているのだと思います
水はあるようですが 材料すべて運びあGるのだから大変ですねぇ

天然冷蔵庫


ここからまだお山をめぐる参道は続くのですが この後少し離れた深草の石峰寺に行く予定ですので もう山登りはここでおしまいにして 下山しました

帰りは 千本鳥居は 人が多いですので 三ツ辻から空いている裏参道をおりました
ハイキングコースのような道にポツンポツンと鳥居が建っています

どんどん下っていきますと 小さなお社が幾つもありました

稲荷大社裏参道

私は旅行の間 腰が痛くなりませんように ちゃんと歩けますようにと 腰神不動明王さんに おろうそくとお線香を上げてきました

腰神不動明王

ほかにも めのよわいひとには 眼力社 
ここは玉姫大神をお祀りしています 少し行けば 豊川稲荷もありました

玉姫大神と豊川稲荷

下って行くと池の傍らに出て しばらく進むと出発地点に戻ってきました
中国人観光客が来ていました

本殿と中国人観光客

外国人の姿 多かったです

もう足は棒のようです 写真を写すのも 少し動けばアングル良くなるなぁとわかっていても 動けません
昔は六甲山にもよく登っていたし スキーもしていたけれど 今は歩くのがやっとこさ
太ったからよけいにしんどいのよねぇ

痩せなきゃ・・

この後 参道でちりめん山椒を買おうと思っていたのですが タクシーが来たので 乗ってしまって 買い忘れました
深草の若冲の五百羅漢が有名な石峰寺に参ります

では 今日はここまで 長くなってすいませんでした

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot S120
撮影日時 2014/09/17
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 京都旅行 | Genre: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する