スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」 見てきました


大阪城梅林に行った後 すぐ近くにある大阪歴史博物館に行って来ました

「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから展」を 開催していたのです

手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから ポスター

私は手塚治虫は幾つか読んでいますが 石森章太郎は「ホテル」以外は多分読んでいない・・
どういうものを書いていたかすら知らないのです

どんな絵が見れるか 楽しみです

続きを見てね

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

下のFc2の赤いバナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてくださいね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

大阪歴史博物館についてちょっと 説明を・・

大阪の博物館は 元は大阪城内 天守閣前にありました

中世のヨーロッパのお城のような建物でした



ここは元陸軍の師団司令部だったところですが 昭和35年から平成13年まで 博物館として使われていました

手狭になったので NHKの隣に新しく立て直したのです

大阪歴史博物館

手前の建物が 博物館 です

天守閣から眺めたら こう見えます



さぁ 入りましょう

この温室のようなところが入り口です

なんだか手塚のガラスの地球に入っていくみたいですね

はくぶつかん入り口


はいると右にNHK 左が博物館です

さぁ ヒーローヒロインがお出迎えです

リボンの騎士など

左から リボンの騎士 サイボーグ009 鉄腕アトム

リボンの騎士 懐かしいです 少女雑誌に連載当時夢中になって読みました
アトムは男の子に本を借りて読みました 少年雑誌に連載していたのです

残念ながら 展示品の撮影はできませんので 写真はありません

精緻に描かれ 吹き出しに小さな活字のセリフが貼られた原画には圧倒されます

石森章太郎は TV特撮ものの原作が多いですね
仮面ライダー キカイダー ゴレンジャー 30年~40年ほど前の子供たちはみんな夢中でしたね

もう一つ前の子供は 鉄腕アトム リボンの騎士 手塚作品以外では 鉄人28号 大魔神 赤胴鈴之助・・・

手塚治虫は 5歳から24歳まで宝塚市で生活し お母さんに連れられてよく宝塚歌劇を見ていたとか・・
リボンの騎士のサファイア姫は もう 宝塚歌劇そのものですね
男の心と女の心を持つサファイア王女 男性しか王位につけない国の王女として生まれたため、男性として育てられ、公には王子とされている・・
そしていろいろな国を旅していくという漫画だったような記憶がありますが 覚えたいないです 
宝塚市に手塚治虫記念館があります 今度行って読んでこようかな・・

展示場内に 伝説のときわ荘が 少し縮小して復元してありました

トキワ荘

このアパートに 漫画の神様 手塚治虫が住んだことから次々と手塚をしたって若い漫画家がやってきたのです
石ノ森正太郎も漫画の上手さを認められ高校生の時にすでに手塚のアシスタントをしたのです

私 ホテルは 喫茶店にあったから殆ど読んだと思います 


宝塚の手塚記念館では 開館20周年記念の特別企画展をしているから 暖かくなったら桜咲く花の道を歩いて行こう
また 宝塚歌劇100周年を記念し、阪急電鉄は宝塚駅(兵庫県宝塚市)で、21日の始発電車から出発メロディーをご当地ゆかりの音楽に変更します

宝塚線は同歌劇の代表曲「すみれの花咲く頃」が、今津線はアニメ「鉄腕アトム」の主題歌が流れるようになるのです

なんだかまとまりのない リポートになってしまいました

大阪歴博の「まんがのちから」展は 3月10日までです 
大阪歴史博物館の最寄り駅は 大阪市営地下鉄谷町4丁目駅です mapはこちら

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね


カメラ機種名 OLYMPUS XZ-2
撮影日時 2014/02/26









関連記事
スポンサーサイト
Theme: 大阪 | Genre: 地域情報

コメント

手塚記念館は・・・

3月は毎週宝塚大劇場に通ってますし、入り待ちで嫌でも遠くにある信号機に名前が出て来ますので気になってます。
しかし開館して20年となるのに未だに入ったことがない気になる記念館です。

手塚作品で思い出が残るのはやはりリボンの騎士、舞台にもなったブラックジャックですね。

実写版は知りませんがアトムも懐かしい作品です。

15、16日とまた通いますが入る時間は無いのが残念ですね。

2014/03/13 (Thu) 00:10 | ポンタ #A1vz8dvw | URL | 編集
ポンタさんへ

毎週宝塚に・・・ 是非一度記念館にもお運びを・・
10年ほど前に お正月特番で 藤原紀香が宝塚のTOP男役を演じた戦時中の宝塚を描いたドラマ『愛と青春の宝塚』がありましたね 宝塚OBで舞台もしていますね」
あのドラマの中に少年手塚が出てきていましたよ

2014/03/13 (Thu) 12:36 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。