スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い灯青い灯 道頓堀です グリコです カニです


大阪松竹座は 道頓堀川には面していませんが 道頓堀にあります
道頓堀といえば これ ですね

道頓堀グリコ

川に面してグリコの電飾看板 有名ですね
動画で見てください ド派手なネオンサインです


[高画質で再生]

道頓堀グリコの看板 [ショッピング]

道頓堀にかかる戎橋 通称ひっかけ橋の上から写しています
私の知っていた何の変哲もない橋は付け替えられ カーブしていて また下の遊歩道へ降りるスロープもついていました

昔のひっかけ橋の面影はなく びっくりしました

続きで読んでね

続きに行く前に ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

道頓堀というのは道頓堀川とその両岸の繁華街のことを指します
道頓堀川は 東横堀川から木津川に合流する2.9kmの河川です
1612年 安井道頓らが 私財を投じて運河開削に着工 1615年完成しました
大阪の陣のあと摂津大阪藩藩主であった松平忠明が安井道頓の功績を讃えて道頓堀と命名しました
あ660年頃より劇場ができはじめ 中座、角座、竹本座、浪花座、弁天座、朝日座などの劇場で、歌舞伎や人形浄瑠璃が演じられた。日本橋の北詰東側に安井道頓・道ト紀功碑があります

いまは 道頓堀五座と言われた芝居小屋は 最期まで残っていた中座も角座もなくなり いまは映画館からリメイクした松竹座だけになりました

グリコの看板があるのは戎橋南西袂です
上流側は こんな風景です

道頓堀
  
右側にちょっとだけ カニが写っていますね
有名なかに道楽本店です

川ではなくて 食べ物屋が並んでいる盛り場の道頓堀
カニ うごくのです 
かに道楽の向かいのツタヤ 昔はナンバ一番という有名なジャズ喫茶で 東京進出前のザ・タイガース(その頃はファニーズ)や オックス 和田アキ子などが出演していましたよ

道頓堀グリコ

5年ほど前に閉店したくいだおれは かに道楽の斜め向かいあたりやったわねぇ
くいだおれは どこやったかなぁ

あれ まだ看板あるやん

かに道楽 くいだおれ

明るいうちに写しておいた戎橋です
戎橋をわたって 写真で言うと左に行くと心斎橋筋商店街です
大阪では 南北の通りは 筋っていいます 
心斎橋筋のひとつにしの道は 大阪のメインストリート御堂筋
戎橋は通行量は多いのですが 橋の上に立ち止まっている人も多いのです
立っているのは大体が若い男の子
女の子に声をかけるのです 

「ねぇ ねぇ 彼女ぉ 」
橋の上で女の子を引っ掛けるから ひっかけ橋 また 女の子をつるから 陸釣り(おかづり)をするなんて言いましたね
要するに ナンパです いまはお店の勧誘が多いようですが・・

戎橋

橋の上に落語家の桂きん枝さんがいました
女の子を引っ掛けていたのではないですよ
街歩きのガイドをしているようです
説明をしてはりました

戎橋うえできんしさん

松竹座へお芝居を見に来て開場までの時間つぶしに 法善寺の方にいってみました

法善寺は 昭和30年代に大ヒットした歌謡曲「月の法善寺横丁で全国的に名を知られるようになったところです
歌をご存じないお若い方は ここで聞いて 大阪らしい歌です 「月の法善寺横丁 YOU TUBE
お寺なのですが 本堂やらは燃えてしまってなく西向き不動さんとこんぴらさんが残っています

また 織田作之助の小説「夫婦善哉」でも有名なところです

おや さっき松竹座を出てきた舞妓さんがお参りを終えて出てきはりました
舞妓さんの後ろに夫婦善哉のお店の看板見えていますよ

ここのおぜんざいは 1人前を2つのおわんに入れてあるんです
夫婦善哉では 主人公の柳吉が こないゆうてます

ぜんざいを註文(ちゅうもん)すると、女夫(めおと)の意味で一人に二杯ずつ持って来た。碁盤(ごばん)の目の敷畳に腰をかけ、スウスウと高い音を立てて啜すすりながら柳吉は言った。「こ、こ、ここの善哉ぜんざいはなんで、二、二、二杯ずつ持って来よるか知ってるか、知らんやろ。こら昔何とか大夫(だゆう)ちう浄瑠璃のお師匠はんがひらいた店でな、一杯山盛(やまもり)にするより、ちょっとずつ二杯にする方が沢山(ぎょうさん)はいってるように見えるやろ、そこをうまいこと考えよったのや 「夫婦ぜんざい」より引用


法善寺舞妓

ここが水かけ不動さん 西向き不動明王です
 
XZ1_20130116_066.jpg

お水をじゃんじゃんかけられるものですから 緑色に苔むしています

XZ1_20130116_072.jpg

これは前に写した写真 夏に写しています

水掛不動尊

そうこうしているとまたきん枝さんご一行がやってきはりました
ひとしきり説明をしてお参りして記念撮影してはりましたわ

きん枝水掛不動

ここ ↓ が法善寺横丁

木の看板の文字は 松竹新喜劇の藤山寛美はんが書いてはります
石畳がしっとりとええ雰囲気です
映画「夫婦善哉」でもここは出てきます 森重久弥のどうしようもない男としっかりものの芸姑 淡島千影 二人でぜんざいを食べて お不動さんにお参りして 雪が降ってきてショールをかぶって帰っていくのが確かラストシーン
1ヶ月ぐらいまえにTVでみたんですわ 小説「夫婦善哉」は青空文庫にあります
大阪弁を駆使していますから 他所の人にはちょっと読みづらいかもしれませんなぁ

XZ1_20130116_074.jpg

道頓堀も綺麗になったけれども いかにも道頓堀というお店や劇場がなくなって どこにでもチェーン展開している居酒屋やらコーヒーショップ ビデオ屋の看板が目立って なんか寂しいです

私は 20代前半のころ 難波の大阪球場スタンド下にあったカルチャーセンターに勤めていたので よくこのへんは歩いていたのです
難波から地下鉄に乗らないで 地下鉄心斎橋駅まで 商店街を歩いて いわゆる心ブラをして帰っていました
その頃にあって今もあるのは かに道楽とグリコ看板ぐらいです

千日前にあったうなぎ屋もなくなったし かに道楽の向かいにあったジャズ喫茶 難波一番もとっくになくなり いまはツタヤです

よく買っていたダイアナ靴店がまだあってちょっと懐かしくなりました
まぁ ダイアナ靴店は東京銀座の店ですけど・・若いころは銀座という名前に憧れたもんです

ダイアナ靴店
 
でも 私はもうダイアナのおしゃれな靴を履くときっと足が痛くて歩けないだろう
もっぱらアシックスです 悲しいねぇ

では 今日はここまで

最後までありがとうございました

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね


カメラ機種名 OLYMPUS XZ-2
撮影日時 2013/01/16
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 大阪 | Genre: 地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。