スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石大橋と移情閣(孫文記念館)


今日は 明石海峡大橋当たりをご案内しましょう

秋に毎年 神戸でよさこいイベントが二つあるのです
まず 神戸よさこい この祭りは 垂水 舞子と明石に近い神戸でも会場があります
今年は私が応援している颯爽japanは 垂水 舞子会場で踊るので 出演時間に合わせて行ってきました

よさこい写真は次回に回して 今回は 舞子公園の写真 見てくださいね

舞子は 明石大橋の根元なのです

舞子公園

JR舞子駅から 端に沿って海辺の公園に入ると 大勢の若者があちらにもこちらにもいました

では 続きで見てね

続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

上の写真の左側の洋館 これは歴史的な洋館です

「移情閣」といいます 孫中山記念館という博物館です

移情閣

孫中山は 孫文のことです

辛亥革命の父と仰がれる孫文(孫中山)を顕彰する日本で唯一の博物館として、神戸潜伏中の彼をかくまった川崎重工業の松方幸次郎との縁もあり、1984年に開設された。建物は、華僑の貿易商、呉錦堂(1855年~1926年)の舞子海岸にあった別荘・「松海別荘」内に1915年に建てられた八角形の中国式楼閣「移情閣」と付属棟などである。建物は1890年代に現在の付属棟が建てられ、移情閣等が大正時代に新たに建てられた。 舞子公園内には2000年に移築された。松海別荘は1913年に孫文一行が神戸を訪れた際の歓迎会の会場であった。Wikipediaより引用



この建物は もともとは国道2号線沿いにあったのですが 大橋の建設中 解体保存され その後 200m離れた現在地に移築されました

阪神淡路大震災の時は 解体保存中だったので 難を逃れています

移情閣

移情閣は 初期のコンクリートブロック造りの建物です
六角堂とも呼ばれていますが 六角ではなく 八角形です

移情閣

「松海別荘」本館は 2号線拡張工事の時の取り壊されて 移情閣と付属棟が残されてます
現在建物は 国の重要文化財に指定されています

この建物は2号線沿いにあった時に仕事でよく明石に行ってたので いつも前を通っていました
私は孫文が住んでいたのだと思っていましたが そうではないようです

日中国交正常化10周年を記念して この建物を孫文記念館にという声が上がり 華僑の集会所として使われていた建物は 兵庫県に寄贈され 1984年11月12日(孫文の誕生日)に「孫中山記念館」として開館しました

国道沿いにあった時よりも うんときれいになっています

では 次は明石海峡大橋です

明石海峡大橋(あかしかいきょうおおはし)は 説明するまでもなく 兵庫県神戸市垂水区東舞子町と淡路市岩屋とを結ぶ、明石海峡を横断して架けられた世界最長の吊り橋です

アンカーレイジです

アンカーレイジ

アンカーレイジは 吊り橋のメインケーブルを固定(定着)させる為の巨大なコンクリートブロックです

本当に巨大です

この橋を建設中 私は仕事でほぼ毎週 車で明石まで納品に行っていました
橋がだんだんと姿を現してくるのを見るのはわくわくすることでした

TVニュースで ケーブルがつながったとかキャットウオークで仕事をし始めたとか報道されると 目を凝らしてみていました

震災の後 仕事を代りましたので明石へ行くこともなくなり 開通してずいぶん経ってから 明石へ行くことがあり あの花火事故のあった大蔵海岸にいき 橋の写真を写したのでした
この大蔵海岸も コンクリートの堤防の向こうの海を埋め立て工事をしているのをいつも見ていました
何ができるのですかと聞いたら 人工海岸を作るという話で へぇ~~と思ったのでした

ファミリーレストランの窓べりの席に座っていつも眺めていました

この公園にははじめてきました

海が好きだから こんな景色好きです

橋と海と人

写真を写している人がいました

写す人

ここから写したら こんなアングルになりました

明石大橋

明石海峡大橋も 計画当初は 道路・鉄道併用橋を考えていたようですが 道路だけになりました
鳴門の橋は 道路の下に鉄道を設置できるようになっています

公園の特設舞台では 次々によさこいの演舞が行われていました

炎流 関学

なんだかタイヤみたいなのがありました

夢リング

このモニュメントは タイヤではなくて 「夢レンズ」というのだそうです
明石海峡大橋開通(平成10年(1998)4月5日)から5周年を機に、架橋を提唱した原口忠次郎元神戸市長を顕彰するため、平成15年(2003)5月に原口忠次郎顕彰の会により建立されました

4本の柱

西方面です 向こうに見えているのは姫路あたりかな?

海

アルバムにしています
もう少し大きな画像でスライドショーになります
よろしかったら クリックして アルバムをご覧ください

舞子公園と明石大橋 移情閣



ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね


カメラ機種名 XZ-1
撮影日時 2012/09/09

関連記事
スポンサーサイト

コメント

NoTitle

来られたのですね!!5日のフォトの会にも写真が提出されていました。
私もいっぱい写真ありますが 拝見して参考にさせていただきます。

2012/10/07 (Sun) 16:17 | kikuko #EQuk4h4w | URL | 編集
NoTitle

そうそう!八角堂は、解体保存されていたんだよね。解体のための足場組と、再組立の部材番号図を作るのを私も一緒にやりましたよ。
まるで模型を作る図面のように、でも面白かった。
懐かしいなぁ・・・

2012/10/07 (Sun) 21:44 | 栄ちゃん #- | URL | 編集
kikukoさんへ

kikukoさんもいらしたのですか
神戸よさこいはポーアイや高浜岸壁でやったときはいきましたが ここまで来たのは初めてでした
顔を出して 来たよってみんなに挨拶しただけで まともに写真は写していないです
ちゃんと写そうと思ったら なんといっても場所取りですから・・
夕焼けにならなかったのは残念でしたが 海が綺麗でした

2012/10/07 (Sun) 22:04 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
榮ちゃんへ

解体工事にたずさわっていたのですか 修復して復元ですから綺麗になりましたね
内部には入ったことがないのですが 壁紙も復元してあるそうです
この公園には他にも文化財の建築がありますので 一度ゆっくり行ってこようと思っています

2012/10/07 (Sun) 22:08 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
NoTitle

確か、◯◯組のゼネコンだったと思う。国道2号線横でこんなの、解体してまた組み立てるのか?と不思議に思ったよ、その頃はあまり、ロマンが無かったのかな?でも、解体組立図を作る作業は面白かった。その後の事は知らなかったけど・・・・・・・
この記事を見て、思い出してしまいました。
相変わらず息の長い日記記事。パソコンも復帰して、更新さえすれば、ちゃんと、ランキングで答えが出るのですね。
ひところ、落ちた順位を見て、あぁ~又彼女・・・
気持ちまで落ちてるのかなぁ~って(^_^;)
思っちゃいました。

また頑張ってくださいね、楽しみにしています。

2012/10/11 (Thu) 05:13 | 栄ちゃん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ここ孫文記念館は、明石海峡大橋のたもとにあります。 別名、移情閣とも呼びます。 孫文って誰?という方は、こちらをご覧ください。 孫文の胸像です。 照明の紐が長過ぎませんか? 頭に当たりそうです。 館内には孫文に関する資料でいっぱいです。 内装のせいか、中華料理が食べたくなる気分です。 外観からは想像がつきませんが、内部はかなり広く、部屋数も多くあり...

2014/12/03 (Wed) 21:30 | ミュージアムに行きました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。