FC2ブログ

京都桜漫歩 琵琶湖疏水とインクライン

琵琶湖疎水1


神宮道を歩いてきて 広い道に出ました
川が流れています
これは 人工的に作られたもので びわ湖から水を引いて作った疎水です 
   注1 琵琶湖疏水 ご参照くださいね

疏水の水力で新しい工場を興し,舟で物資の行き来を盛んにしようという計画のもと 明治23年に 完成しました

見事な桜の後に見えているのは 京都美術館です


正面です

京都美術館


プレートの文字に注目です 京の字が  になっています 
上に書いてあるのは 大礼記念 です
昭和天皇の即位が昭和3年に行われたのを記念して作られたのです

京都美術館プレート


昭和8年に 日本で2番目に大規模公立美術館として建てられました
私にとっても懐かしい美術館です
雨の中 2時間も並んでみたのは ミロのビーナスだったかしら
モナリザも ツタンカーメンも ここへ見に来ました

お庭で お花見をしている人たちが 多勢います

京都美術館庭


疎水に架かる橋の上からの撮影です
完全に逆光です 船が行ってしまうから場所も移動できず逆光のまま写しています

船は 「岡崎桜回廊十石舟めぐり」と名づけられ 4月1日から4 ゴールデンウイークまで続けられます

岡崎桜回廊十石舟めぐり1



いまは 観光用にしか船の運航はありませんが 昔は ここを三十石船が 物資を積んで往来したのです


岡崎桜回廊十石舟めぐり2


むこうから 船がやってきました

「岡崎桜回廊十石舟めぐり3


橋の反対側 東方面です
順光ですから 色がでてますね

疎水と桜 


また船がやってきましたよ
水の上から 桜を愛でる 風流ですね
一艘に定員は12名 大人一人1000円です


岡崎桜回廊十石舟めぐり4



乗り場はこちら 南禅寺舟溜まりからです
向こう岸は 岡崎の動物園です


十石舟乗り場


噴水が見えてきました
インクラインの下には,疏水の水を山ノ内浄水場へ送るための導水管が埋設されています。この噴水は,その導水管から分岐させた水を,自然の圧力によって噴き上がるようにしたものです

噴水


ここには疎水記念館があります

疎水記念館


金色に輝くブロンズ増がありました
これは なにかしら? 確か水の精と説明に書いてあったような・・ 

水の精 ブロンズ像



インクラインと噴水です
インクラインは、船が上がれない急な坂を貨車を使って引っ張り上げるための線路の跡です
もう使われなくなったレールがありますが 今は桜の名所になっています


インクライン1


桜の下を 散策する人たち
レールの幅にご注目 とっても広いのです
3人が並んでも まだ 横が余ってますね

インクライン2


台車です これに 三十石船を乗せたのです


台車


古いれんが作りのトンネルがありました
名前は ねじりマンボというそうです
トンネル上部の扁額には 雄觀奇想(ゆうかんきそう)とあります
「見事なながめとすぐれた考えである」という意味だそうです

 注2  マンボとは地下水の取水路(地下水路)といったもののようです
     人の通る通路として作られたものではないようです
     我が家の近くにも マンボと呼ばれている立って通れない隧道があります
     意味も知らずに使っていましたが いま 調べてみて 初めて知りました
     我が家のちかくのマンボは 水田に水を導く水路だったようです
      

ねじりマンボ



夕暮の桜咲く遊歩道は そぞろ歩きの人が 多勢いました
そろそろ 地下鉄蹴上駅です

桜咲く遊歩道



ここまで 写真の好きな仲間8人が一緒でした
蹴上駅で 一応解散して 余力のあるものは 二条城のライトアップに行こうということになりました
疲れを知らない(本当は疲れているけれど 疲れていないと頭が体に言い聞かせた)TOSSYは 勿論行きました

二条城夜桜編は もうアップしました

まだ ご覧になってない人は よろしかったらこちらをクリック


何時ものように スライドショーにもして見ました
お時間がありましたら ご覧下さい
画質は荒れますが大画面にすると 迫力があります

スライドショーは こちら クリックです 


 
何回にもわたって 書いてきた桜漫歩 京都編は これで お終いです
まだ このあと桜は神戸編です
もう サクラは散って葉桜になり GWも終わったのに まだ桜に酔っています


カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital N
レンズ TAMRON AF 18.0 - 200.0 mm
撮影日時 2006/04/09


 ← クリックお願いします


FC2blogランキングに 参加中です

ランキングが上がっていると とても励みになります 
上のバナーをプチッと一押しで ポイントがつきます 

一日一回有効です 応援 よろしくお願いします m(__)m


過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます

お時間のある方は どうぞ




関連記事
スポンサーサイト



コメント

さっきは
駄作を見に来てくれてありがと~
(少し 謙遜気味です)

なんか 洋風の感じですね
船もまた良いね ~
乗ってみたい。。。
でも 去年船に乗って
”PLフィルターとレンズフォードを川の中にドボン さよーなら 事件”
思い出してしまいました ;;)

>色に輝くブロンズ増
増→像 うふふ

この像 すごい味があると思います
スキです 形が面白い。。。

桜漫歩 京都編 楽しめました。。。

私の分まで 頑張ってね
応援は依然 続行 任せなさい!

2006/05/07 (Sun) 02:00 | kei(け~ちゃん) #- | URL | 編集

tossyさん、
楽しかったね。
もう一度思い出しちゃった。
TB、有り難う。

2006/05/08 (Mon) 10:22 | KIKO #FQ19IChI | URL | 編集

とにかく
TOSSYさんのエネルギーには
いつも感動ものです

隧道、水を得るために
先人は大変な想いをしたのですね
世界も同じです

京都感動編・・・
拝見させて頂きました。

2006/05/08 (Mon) 21:17 | tonko #RgyCeBHA | URL | 編集

昨年琵琶湖疎水に行って遊覧船に乗りたかったけど時間が無く乗れなく残念でした。

2012/03/04 (Sun) 10:02 | 岡本 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

日曜日に京都へ桜見物に出かけた折円山公園を通り過ぎた時見た様子です。 円山公園のど真ん中に位置する枝垂桜は現在の桜は二代目で,初代は樹齢220年で

2006/05/08 (Mon) 10:28 | Out of Focus*