スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水道記念館2 展示紹介


大阪市の柴島(くにじま)浄水場にあとかるレトロなレンガ作りの建物 水道記念館 
外観は前回ごしょうかいしましたが 今日は中の展示をご案内しますね

では 玄関から入りましょう

ところで ここ 何と書いてあるの 読めない・・・・
これは建物のいわば表札ですよね 見たこともない字があります

正面玄関の文字

昔の建物ですから 右から読むのです

まず 一番右は 

次は これは小学生でも読めます

さぁ ここから二つの文字が問題なのです

最後は 

さぁ 何と読むのでしょう

分からないので 受付で聞きました

では 続きで 正解をどうぞ

続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

受付の人に聞いたのです
「入口の文字は何と読むのですか?」
大勢の人が聞くのでしょうね
プリントが用意してありました

漢字の解説

ポンプと読むのだそうです
中国の漢字表記らしいのですよ

左下の漢和辞典のコピー 少し大きくしてみましょう

漢和辞典 ポンプ

ピンクの丸印のところが この文字です
ポンプと書いて 水を高所にあぐる機械と書いてあります 
ポンプを日本語でどういうかなど 考えたこともありませんでしたが 該当する言葉だと長くなるので 外来語としてそのままポンプという言葉を使ったのでしょうね

ちょっと勉強になりました

では 中に入ります

いろんな展示があるのですが まず一番に目についたんおが こちら

入口の右の壁にありました

自販機

「なんや ただの自販機やないの こんなのどこにでもあるわ」
いえ いえ 自販機ですが 中身が問題なのです ここにしかありません

ほんまや ってラベルの貼られたペットボトルです
このボトルには 大阪市の水道水が詰められているのです

なにわ育ちのおいしい水として 大阪市の水道水のペットボトルづめが売り出されたのは 2007年3月でした

ほんまや

そして 2011年には モンドセレクション金賞を受賞と 平松前市長はんが えらい宣伝してはりましたわ

所が 今年1月 橋下市長はんは 赤字やよってに製造中止っていわはったんです
で いまは もう在庫を売っている状態 ここにあるだけ~~なのです

で 買いました

どんな味やったかって? 味 なかったです 無味無臭 結構なことです

私が大阪市民だったころ 夏の大阪の水道水は 飲める代物ではありませんでした 30数年前のことです
琵琶湖にプランクトンだったかが異常繁殖して かび臭い水になり 沸騰させても匂いは取れませんでした
そのころ まだペットボトル水は売られていませんでした バーなどが使う200㏄のミネラルウオーターのビン詰というのはありましたが 高かったです

ご飯まで臭くなって本当に大変でした

で 大阪市は研究を重ねて ここ 柴島浄水場で高度浄水処理ができるようになったのです
活性炭を大量に使っているとか聞きました
匂いのない水になるのに何年かかかりましたね
その時の記憶が強烈だったので いまだに大阪の水道はくさいと思っていて ミネラルウオーターを使っている人も 多かったので この「ほんまや」は 水道水の宣伝にはなりましたね

でも 赤字やったそうで・・ 今は製造していません 

順路に沿って進んでいくと まず目に入りました

時計モニュメント

大時計と水時計 漏刻(ろうこく)です
漏刻とは、水時計のことで、水が一定の速度で水海とよばれる壷に貯まり、水海の水位から時刻を測る時計のことです

順路は  右へ行きましょう

えらい混んでいます 休館になるからきはったんかなぁ

団体さん ご見学

どちらから とお聞きしたら岸和田からこられたそうです

わざわざ岸和田から・・・ 朝ドラ「カーネーション」の舞台 だんじりの岸和田から大阪湾半周して・・ごくろうはんなこってす

この通路には淀川水系の貴重な生物イタセンパラ(小さな淡水魚)やアユモドキの水槽がありました

ここは琵琶湖パノラマ

琵琶湖パノラマ

そして 淡水魚のミニ水族館

水生生物展示

いろいろな魚がいますね

淡水魚水槽

トンネル型の水槽もありました

トンネル型水槽

ちょっとおもしろい展示がありました
江戸時代の長屋を再現してありました

おじさんが天秤棒を固いでやってきています
何をしているのでしょうか

江戸時代の大阪の下町

なにかわかりますか

女の子が立っているところは トイレの前です もちろん本当のWCではないですよ

わかった おじさんは おわいやさんだ 汲み取りにきたんだな  Boo はずれ

トイレの横には 町内の用水 消火用です そして井戸があります

井戸と便所 くっつきすぎですよね 非衛生的です 

この井戸は飲料水ではないのです

飲料水は このおじさん 水売りから買っていたのです

水売り

そしてだいどこ(台所)には 水がめが 二つ用意してありました

一つは飲料用 もうひとつが生活用水なのです

町屋のだいどこ

井戸と便所が近いということで水の汚染があり 明治23年コレラの大流行があり 安全な飲料水の必要が増し 上水道の設置が急がれたのです

近畿には大きな大きな水ガメ 琵琶湖があり 大阪には琵琶湖から水が流れてきていました 淀川です

淀川から水を取り込んで浄水を作り大阪の街に上水道を敷設したのです

大阪市の上水道は、明治28年(1895年)に我が国4番目の近代的水道として、当時の大阪市の予算の3倍の工事費を費やして、水源地を淀川左岸の桜ノ宮に、配水地を大阪城に設け325kmの配水管が整備されました

そして 大正3年(1914年)最初の浄水場である柴島浄水場が完成しました

歴史ある柴島浄水場に存続の危機が忍び寄ってきています
新大阪や北の中心地梅田からほど近いところに広い浄水場は 経済効果からみるともったいないのかもしれません
でも あの臭い水からおいしい水を作りだした高度な浄水能力のある施設を 廃止してしまうのはいかがなものかと思います

橋下市長は 大阪広域水道企業団との水道事業統合に向けた検討委員会の初会合で、3月上旬に打ち出した市水道局の民営化方針を撤回、企業団との統合を優先して進める考えを表明しました

大阪の水道事業はどの方向に行くのでしょうか 
水は生きていくうえで一番大事 命の水です

サクライラスト クリップアート



4月15日まで 大阪柴島浄水場では 桜並木の通り抜けを開催しています 
詳しくはこちら参照

水道記念館は休館中ですが サクラは待っていますよ

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね


カメラ機種名 OLYMPUS XZ-1
撮影日時 2012/3/28
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 大阪 | Genre: 地域情報

コメント

NoTitle

「ポンプ」はさすがに読めませんでした。水のペットボトルは儲かるかどうかという観点ではなく、非常時の備蓄用として考えるべきだと思います。名古屋では名古屋駅を「名駅」、名古屋城は「名城」といいますから名古屋市水道水は「名水」です。

2012/04/10 (Tue) 18:17 | AGIOS #vQ4UMKUA | URL | 編集
AGIOSさんへ

ポンプ 読めないですよね 安心しました

水道水のペットボトル 500mlですので非常用にはどうかなと思います 矢張り2Lサイズが必要かと・・
ボトルづめは廃止してもいいですが 水の製造をやめて外郭団体に一本化というのはもう少し論議を尽くすべきではと思います 

2012/04/11 (Wed) 14:01 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
NoTitle

ブログランキングぽちっておきました。

ポンプって難しい字ですね・・・。
昔の人で読めた人何人いるのでしょう?

使用されているデジカメはなかなか明るいレンズのようですね。
魚がほぼブレずに撮影できているので驚きました。

ためになる情報ありがとうございました!

2012/04/11 (Wed) 20:43 | マクガイバー #64TjWBNY | URL | 編集
マクガイバーさんへ

お立ち寄り & コメント ありがとうございます

あんな文字 誰も読めなかったのでしょうね
何と読むのですかって聞きに行ったら即プリントを渡されたのでびっくりしました

使っているコンデジは オリンパスの XZ-1ですレンズは F1.8がついています コンデジとしては多分一番明るいと思います
フラッシュ禁止というところに行くことが多いですので購入しました
コンデジですから一丸のように大げさにならなくて 芸術的な写真にはならなくても 記録としてはきっちりと仕事をしてくれています
F2がついているcanonももっていますが 1.8 と2 ほんの少しの違いのようですがずいぶんと違います この写真はすべて ノーフラッシュの手持ち撮影です

2012/04/11 (Wed) 22:09 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。