姫路城と黒田官兵衛ドラマ館

加古川の鶴林寺にお参りした後 姫路まで足を伸ばしました平成の大改修中の姫路城は 大きな覆い(素屋根)ははずされ 真っ白になった姿を現していましたそれにしても 白鷺城とよばれているのも頷ける真っ白さ ですね屋根まで真っ白黒い瓦ではなく いぶし瓦と呼ばれている銀色の瓦を使い 瓦の目地を一枚一枚を白い漆喰で塗り固めているのです使われた瓦は 8万枚 そのうち8割は選別して再利用したものだそうです真っ白の屋根...

鉱石の道をたどる旅3 神子畑鋳鉄橋

しばらくデジカメ散歩をお休みしていましたので 撮影済みの写真が残っています昨年の12月に行って 途中までアップしたままになっていた兵庫県の「鉱石の道」をたどる旅を 再開します前回は 生野銀山街歩きまでアップしましたが 今日は 日本最古の鋳鉄橋 神子畑鋳鉄橋のご案内です神子畑鋳鉄橋(みこはたちゅうてつきょう)は、兵庫県朝来市の神子畑川に架かる鋳鉄一連アーチ橋で 鋳鉄橋としては 日本最古のもので 18...

新緑の明石公園

前回アップしました女子プロ野球は 兵庫県の明石球場 正式名称は 兵庫県立明石公園第一野球場でありましたこの球場は 古くて1932年に作られています高校野球の兵庫県予選に使われたり 軟式野球の全国大会が毎年開催されていますで その球場は明石公園内にあるのです明石公園は JR明石駅のど真ん前 野球開始時間よりも早くに行って 公園内を散策してお弁当を食べてきました新緑の公園の樹木 とっても綺麗で眼が洗われる...

「鉱石の道」をたどる旅 銀山の町を歩く2

「鉱石の道」銀山で栄えた町 生野のまちあるき 続きですまず 「生野町づくり工房 井筒屋」さんに行ってきましたここは 江戸時代の郷宿を営んでいた築170年の古民家で 再生して街づくり活動の拠点になっています ここは 吉川(きっかわ)さんの家だったところです江戸時代 吉川家は代々山師を務めていました江戸時代、生野代官所から銀山の採掘権を与えられた鉱山師(鉱山の経営者)を、山師といいました山師は 労働者...

「鉱石の道」をたどる旅 生野の街並み散策1

今月初めのことですが 「鉱石の道」をたどる小さな旅してきましたた鉱石の道とは 生野 神子畑(みこはた) 明延を結ぶ 鉱石を運んだ道で 生野 神子畑は現在は 朝来市に属し 明延は 養父市になります生野銀山の歴史は古く 大同2年(807年)に銀が出たと伝えられています 室町時代以後 織田信長 豊臣秀吉の直轄時代を経て 徳川時代 「佐渡の金山」「生野の銀山」「石見銀山」とならんで天領として 徳川幕府の財...

「ひいな~かわいい人形たち~」展 たつの歴史文化資料館

龍野シリーズ5です お花見シーズンになりましたが 今回は 龍野歴史文化資料館で開催中の「ひいな~かわいい人形たち~」展のご紹介ですたつの市と播磨地方につたわる江戸時代から最近までの雛人形と雛とともに飾られたさまざまな人形たちの愛らしい姿を時代順に展示してありました町屋の雛めぐりと合わせて 2月27日から4月11日まで 龍野城本丸御殿と歴史文化資料館で開催されています古いお雛様 貴重な品々ですフラッシュを...

播磨の小京都’龍野’4 龍野城

龍野シリーズ 今回はお城のご紹介です龍野城明応8年(1499年)に豪族の赤松村秀が鶏籠山に築いた。以後政秀、広貞、広秀と続いたが、天正5 年(1577 年)に豊臣秀吉によって開城し、秀吉はあらたに蜂須賀正勝を置いた。江戸時代に万治元年京極高和の丸亀移転の際に破却されたが、1672年に脇坂安政によって龍野城が再建された。この際山頂の郭は放棄され、山麓居館部のみの陣屋形式の城郭になった。現在の本丸御殿は1979年に再建さ...

播磨の小京都’龍野’3 龍野ひなまつり 町屋編

播州龍野のご紹介シリーズ 3回目は ひな祭りです城下町龍野に残されたお雛様を それぞれのお宅で公開酢売るというイベントで 今年は第4回目 3月13日から22日まで開催されていましたすこし肌寒いけれどもからりと晴れ上がった19日に行ってきました城下町69箇所でおひなさまを拝見できるのです今回は 一般家庭や商店で展示されたお雛様を見てくださいね個人のお宅で飾られているものを見せていただくのは無料です城...

播磨の小京都’龍野’2 寅さんの来た町

龍野シリーズ2 です30年以上昔になりますが 龍野には寅さんもやってきているのですシリーズ17作『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』は 龍野が舞台キャッチコピーは夕焼け雲に想いを託す寅の心はあの赤とんぼだけが知っている! 映画にも出てきた旅館にも雛飾りをしていると聞いてやってきました映画のロケでの写真が展示してありました「寅次郎夕焼け小焼け」でのマドンナは 太地喜和子さん 客演 宇野重吉 寺尾聡 ...

播磨の小京都’龍野’1 城下町龍野の町並み

「播磨の小京都」といわれている兵庫県たつの市で開かれていた「龍野ひなめぐり」に行ってきました今年で第4回目 城下町のそれぞれのお宅で 雛人形を飾り自由に見ていただくというイベントですたつの市は、兵庫県の南西部の西播磨地域に位置しており、南北に長い地形になっています。市域の北側は山地が広がり、南は瀬戸内海に面し、南北に貫く形で揖保川が流れており、自然環境に恵まれた地域になっています龍野城と脇坂藩5万3...

清和源氏のルーツ 多田神社

ちょっと前になりますが 友人たちとオフ会で川西市に行きました新年会がずれ込んでカニ鍋でしたが 食事前に多田神社によりました多田神社は阪急川西能勢口駅の北 約1kmのところにあります第五十六代清和天皇のひ孫贈正一位鎮守府将軍源満仲公をはじめ、頼光、頼信、頼義、義家の五公をお祀りしていることから、源氏発祥の地と言われています。前を猪名川が流れています私のところから そんなに遠いというわけでないのですが...

ラストサムライの寺 書写山園教寺

今回は 秋に行った姫路の書写山園教寺へご案内します10月にいったのですがちょっとアップが遅れてしまいました本当はもっと前にアップして 紅葉情報にすべきでしたねいったのは 10月16日 紅葉にはまだ早いときでした近所のコープさん(こうべCOOP)の店舗から 姫路のヤマサかまぼこ見学会と書写山参詣のバスツアーがあり参加してきたのですかまぼこ工場見学もとっても面白くて 食事は 「ウェルサンピア姫路ゆめさ...

西宮市 海清寺

今回は 私の住んでいる西宮市の海清寺のご紹介です海清寺は 西宮市役所のすぐ向かいにある禅寺です南北朝のころ 1394年 創建された古刹です海清寺の三門 享保2年(1717)年造立です市役所周辺の地名は 六湛寺町 六湛寺って どのお寺? 探しましたが 見当たりませんでは 続きに行く前に いつものお願いですブログランキングに参加しています  応援してくださいねバナー または こちら FC2ブログランキングを プ...

雨の中山寺2 

前回に続いて 宝塚市の中山寺のご案内です中山寺は 真言宗中山寺派大本山です せっかく来たのだから と 豆まきが終わった後 ぐるっと回ってきましたしっとりとした境内です本堂より一段上から写しています 中央奥が本堂です豆まきにはあんなにたくさんいた人たちも終わればすぐに帰っていきました本堂から上に上がれば 人の姿もちらほらでしたでは 続きに行く前に いつものお願いですブログランキングに参加しています ...

安産祈願の寺 中山寺1

節分会(せつぶんえ)の行なわれた 中山寺について 少しご紹介です中山寺は 中山観音とも呼ばれ 山号は 紫雲山 西国33観音霊場第24番札所です創建は 古く聖徳太子が作られたと伝えられていて 日本で一番古い観音霊場といわれています雨にもかかわらず節分の日には 次から次へと人はやってきます参詣者の多いお寺ですでは 続きに行く前に いつものお願いですブログランキングに参加しています  応援してくださいねバナ...

鏑射寺3 紅葉 黄葉

鏑射寺(かぶらいじ) その3 です今回は 紅葉 黄葉 色とりどりに染まった木々を中心にお届けしますその1 その2 まだの方は 見てくださいね 楓の紅葉は もちろん素敵にきれいですが こんな黄葉もすきです三重塔の朱と 暗い影の部分に鮮やかな黄葉 はっとする美しさでしたほかにもいろいろな雑木が紅葉黄葉していましたでは 続きに行く前に いつものお願いですブログランキングに参加しています  応援してくださ...

鏑射寺2 苔むした石仏たち

道場の鏑射寺 その2 です その1をまだごらんになっていない人は こちら を先に見てね紅葉のきれいなお寺の一隅に 苔むして すこし荒涼とした風情の光景が広がっていました苔のつき方からは 建物郡とは待ったく違う年代のもののようです一寸怖い風景ですね100年間も廃寺になっていて その間に荒れたのでしょうね今は整備しているところなのでしょうでは 続きに行く前に いつものお願いですブログランキングに参加し...

玉瀬の満福寺

宝塚市玉瀬の医王山満福寺のご紹介です家がポツンぽつんとある田んぼの中に 立派な石垣を持ったお寺があるのです通るたびに気になっていましたとうとう 車を止めてもらって(すぐ近くの玉瀬公民館があったのです)いってきました地図です  大きな地図で見るすごい石垣でしょう?新しいのです 石段が見えていますが 横手にはスロープもありましたただし そうとうな勾配で 車椅子では一寸無理ではないでしょうか医王山満福寺...

宝塚北部の田園地帯

宝塚市北部は 歌劇のあるあたりとはまったく違った風景です丸っきりの田園地帯の農村風景ですなんにもない 心休まるそんな風景が好きで 年に何回か 「田んぼ見に行こう!」と出かけます梅雨のある日 小雨ふるなか 出かけました目的は田んぼです 周辺マップは こちら です長尾山の十万辻トンネルを超えていくのです ゴルフ場のど真ん中にあるこのトンネルをくぐるともうそこは まったく市内とは思えません ゴルフ銀座で...

播州 綾部山梅林は花盛り

暖かい日が続いて 花が一気に 開き始めました兵庫県たつの市の綾部山梅林が満開との情報で 行ってきました春はなんと言っても 青春18切符 今年も買いました新快速で 網干(姫路の少し西です)で降りて 後は臨時直通バスで30分 山全体が 梅林ですここで mapです大きな地図で見る綾部は 梅の里 梅干用の梅がほとんどで 所々に観賞用の赤やピンクの梅がありました昭和43年 土地改良付帯事業として 国有林23...

甲山の神呪寺(かんのうじ)

今日は 甲山の中腹にある 甲山神呪寺のご紹介です神呪寺は 新西国33箇所観音霊場第21番 です西国33箇所観音霊場めぐりは 日本で一番古い霊場めぐりで 平安時代に作られましたが 新西国は 昭和7年 新聞社が 読者の意見も聞いて制定していますお参りする人の多い名刹が多く含まれています神呪寺は 通称「甲山大師」と呼ばれ 広く親しまれているお寺です子供のころから おわんを伏せたような甲山を毎日眺めて育っ...

神戸 太山寺の紅葉

神戸市西区にある太山寺に行ってきましたここは 鎌倉時代の国宝の本堂があるのです 神戸市唯一の建造物での国宝です秋には紅葉が美しいと聞いて やってきました三宮で地下鉄に乗り 20年ほど前に開発されたニュータウン 学園都市駅から タクシーで行きました隣の井川谷駅からバスは出るのですが 本数が少ないのですよタクシーは 数分で 仁王門の前まで 900円ぐらいでした拡大地図を表示太山寺」バス停のすぐ前に 仁...

世界遺産 姫路城

今日は 法隆寺とともにわが国で最初に世界遺産に認定された姫路城のご案内です赤穂の帰りに姫路で途中下車して行ってきました新幹線でも JR山陽本線でも 姫路駅に降り立つと北側に天守閣が見えます地図です拡大地図を表示歩いて15分ぐらいですが 真夏の昼下がり 歩くのはちょっときついのでタクシーで GO桜門橋を渡って 公園内に入ります姫路城は 播磨の守護職赤松氏がここにとりでを構えたのが始まりで その後小寺...

猪名川町の秋景色

以前から 秋の田園風景 田圃とヒガンバナを写しにいきたいと思っていました 出来れば 棚田風景とか・・この秋は 近場でと 兵庫県の猪名川町に行ってきました10月1日のことです一月も前の画像になりますが とっても素敵な田園風景 ご紹介します兵庫県猪名川町 地元で無いと聞きなれない地名ですね百人一首で  有馬山 猪名のささはら 風吹けば・・っていう歌がありますね猪名川町は 大阪駅から 直線距離で25kと...

野菜を買いに 猪名川町へ

梅雨末期 各地で豪雨による被害がひどかった私の住む関西 阪神間は 雨は降ったが豪雨というほどには降らなかった被害にあわれた皆様 此れからが大変でしょうが 何とかがんばってくださいねところで 生産地が水の被害を受けたことで 消費地では 野菜の高騰が続いている茄子が ひとつ100円というお値段で coopで売っていたそれでは と よく行く猪名川町に野菜買出しをかねて ウロウロといってみたルートは エント...

大野アルプスランド

15日の土曜日 兵庫県猪名川町にある大野アルプスランドに行ってきた標高753mの山頂にあるキャンプ場 山頂には 天文台と一面のアジサイ私のアジサイ追っかけは ここ 大野山が 毎年 最終の日程です例年より10日ほど開花が遅れたので 今年は 去年より 10日遅くやってきましたアジサイ まだ咲いていますように・・途中までは ノアザミを写しに行ったときと同じルート宝塚から33号線 319号線を経由 県道1...

ホゥ ホゥ ホタル来い!

新聞に わりと近くに ホタルが出るという記事が出たホタル もう自然の中で飛んでいるホタルなんか もう何時見たのかもわからないほど遠い昔に見ただけだ 子供の頃に住んでいた家の横にあった小さな川というより水路のような所にホタルがいたその次に見たのは 大人になってから 都内のホテル 椿山荘のホタルの夕べに連れて行ってもらったときそれ以来だ大きな三脚と懐中電灯を持って出かけた近くに散歩をしていた人に聞いた...

大野アルプスランド

今日 7月8日 兵庫県猪名川町にある 大野アルプスランドに行ったここは 標高753m 山上一面に アジサイが植えられているそして 可愛い天文台猪名川天文台 アストロピアがある。写真のアジサイの向こうに見えている ドーム屋根の建物がそうだ7月9,10日は あじさい祭りが開かれるアジサイは 丁度見ごろで cameraに三脚を持った人も 結構来ていた。とってもローカルな所で 阪神間では 殆ど知られていな...