内子散歩2 伝統的建造物保存地区

内子散歩 後編です伝統的建物保存地域に行こうと地図を広げましょう伊予銀行の手前で左の道へいきますこの道です 右 写っていませんが 伊予銀行ですでは続きで 見てくださいね続きに行く前に いつものお願いですブログランキングに参加しています  応援してくださいねバナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね  今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 応援クリックは 一日一...

重要文化財内子座を見学しました

内子座は 大正5(1916)年 大正天皇即位を祝って商家の旦那衆が建てた芝居小屋です木造2階建て 瓦ぶき入母屋造りで 回り舞台や花道 升席などを整えた本格的な劇場です建設当時 内子は 木蝋や生糸 和紙などの生産で栄えてたといいます商売繁盛してくると旦那衆は謡などの習い事に励んだりするものです芸術・芸能に目覚め 愛してやまなくなる  この劇場を建てた人たちも多分そうだったのでしょうこけら落としの出し物は...

特急【宇和海9号】で 松山から内子へ

広島・松山旅行も いよいよ3日目 最終日です船で松山入りして リムジンバスで市内中心部まで入りましたので JR松山駅は 初めてですJR四国の予讃線の駅です駅名標のコメントは「坊っちゃん、マドンナと道後温泉の駅」1927年(昭和2年) 高松方面から延びてきた予讃線の駅として開業したのですが 当時すでに伊予鉄道の松山駅が存在していて ここで ちょっともめたんだそうですよ国鉄としては 県庁所在地の松山という駅...

松山観光は 坊ちゃん列車 と 路面電車で 

道後温泉に入って おいしい料理を食べて 水軍太鼓のアトラクションを見て 広いお部屋でぺちゃぺちゃ 女子トークタイムいつしか眠りにはいり 朝がきた  やったぁ  晴れている朝食バイキングもきっちりいただいて 行動に備えます旅先での朝のバイキングは大体和洋取り混ぜです旅行三日目のこの日の予定は伊予鉄道 道後温泉駅  JR松山駅 JR松山駅 特急宇和海9号 予讃線 内子駅  内子で街歩きなど観光と 昼食内...

道後温泉本館でゆったり まったり

いよいよ 国重要文化財に指定されている道後温泉本館で温泉に入って 2階で休憩して 窓から外の通りを眺めるのですTVや雑誌で見るたびに あれ いいなぁ と思っていたのですまず 二階休憩室へと階段を上がります階段を上がったところは 神の湯二階婦人席となっています玄関の真上当たりなのでしょうか 正面に 商店街のアーケードが見えています丸みのあるのが玄関の唐風の屋根ですね  瓦もいろんな形がありますねこの...

坊ちゃんも入った 道後温泉本館

萬翠荘を後にして この日の宿泊地道後温泉へと向かいます坊ちゃん列車か路面電車に乗っていく予定だったのですが 朝早くから 行動していましたので 疲れました早くお風呂に入りたいので タクシーでホテルに向かいましたホテルにチェックインして 休む間もなく 道後温泉本館へと向かいました木造三層楼の本館は 明治27年に建てられ 平成6年に温泉施設として日本初の重要文化財に指定されましたあのジプリの「千と千尋の...

大正ロマンの香り漂う洋館 萬翠荘

松山城を後にして 次は 城を出た殿様の子孫の久松伯爵が別邸として建てられたフランス・ルネサンス様式の洋館 「萬翠荘」へ行きましたガイドの方に聞いたら お城のちょっとした 坂の上の雲ミュージアムの奥ということでしたロープウエイで下山して ロープウエイ街を下っていきましたどこかに右(西)へ入っていく道がないだろうかと 歩いたのですが ないのですね路面電車の走っていた大通りまででて 降りてきた道の一本西...

松山城その3 天守からの眺め

伊予松山城 いよいよ 天守閣へ上がりますこの大天守が建てられたのは 徳川末期 ペリーの黒船襲来の翌年です天明4年(1784)天守落雷で焼失 文政3年(1820)から再建工事に着手し、35年の歳月を経て安政元年(1854)に復興しましたその時の城主は 松平勝善公です現存12天守の中では、唯一、親藩(松平氏)が建築し、「丸に三つ葉葵」(通称:葵の御紋)が付された城郭となっています【親藩】とは江戸時代、尾張・紀伊・水戸...

伊予松山城 その2 

伊予松山城 いよいよ本丸にやってきました松山城の本丸は細長いです上の写真は 下の図の本丸の文字の右上の星印のところから写したのです石垣のヘリすれすれまで進めたらもっと石垣がうまく写せたのですが 危ないので柵があって 入れませんでした背後に 太鼓櫓がありました石垣の下は切り立った崖になっていて ちょっとよじ登ってこれそうもないですねそしてリアス式海岸みたいにギザギザ 屏風折れです一番手前の櫓は 馬具...

坂の上の伊予松山城 その1

♪ 呉から船に乗って 松山についた~~  ここは 城下町 マドンナがいるよ  「長崎から船に乗って・・・・・」 のメロディーで歌ってねいよいよ お城に行きますランチをした伊予鉄ビルのすぐ横から城への坂道が続いていますそこを登っていくのです左の石碑は JR駅前にあったものです「春や昔 十五万石の 城下町」   正岡子規「春や昔」は 司馬遼の「坂の上の雲」の第一章のタイトルに使われていますロープウエイ...

鳴門への旅6 スリル満点 うずしお船

鳴門への旅6 ですいよいよ最大目的の観潮船からのうずしお見物です2時出航の船に乗ったのですそうそう 食事をするところがないというところで前回は終わっていましたね少し離れた鳴門公園バス停のところにうどんやがあると船会社で教えてもらって いってきました 車の道の歩道を 路線バス一駅分を登りました 景色はよかったですね第2 第3駐車場のすぐそばでおみやげ物やさんでしたそこでうどんを食べて 売っていたおせ...

鳴門への旅5 渦の道から四国の道へ

鳴門への旅5 です旅行2日目 昨日の雨は夜には上がり 今日は快晴ですさぁ 鳴門の渦潮見物には もうこれ以上ないというほどのお天気になりました鳴門の橋を歩いて 渦の上まで行くことが出来るのですもちろん 高速道路を歩くわけではありません2階建ての橋の下段に歩く道 渦の道 があるのです朝のこの時間は 橋の下には渦が出来ていませんが 渦上45mの海上散歩をしてきました頭の上を車が走る音がします海の上を歩いて...

鳴門への旅4 部屋から大橋が見える

鳴門への旅4 です大塚美術館から 今夜の宿まで さぁ どう行けばいいのかなぁ 来るときのタクシーの運転手さんは 宿まで車で5分ぐらいだと言っていた電話したら迎えに来てくれますよって言っていたから 美術館から宿に電話したそうしたら 「そこでそのままお待ちください 迎えに行きますから」って 良かった予約をしたホテルは 昔からの旅館で 全室オーシャンビュー お風呂からも橋と渦が見えるということだった本当...

鳴門への旅3 「熱き心展 ~寛斎元気主義~」

大塚美術展 続きです美術館のエントランスホールでは 開館10周年を記念して、デザイナー山本寛斎作品展を開催中でした世界の舞台で人々を魅了してきた作品が一同に公開されていました和をモチーフにした奇抜な配色の衣装の数々これは フェイクでなく 本物の作品でしたよパリ・コレクションに出た作品もありましたジャポニズムというのでしょうか日本の伝統を生かした とてもハッピーな気分になる衣装展でしたハッピは キルト...

鳴門への旅2 大塚美術館

鳴門への旅2 です出発日は雨だったので 先ず 大塚美術館に行きました正面玄関から 長いエスカレーターに乗っていくのです昔に来たときは大塚製薬の迎賓館のような「しおさい荘」 はありましたが 美術館は まだありませんでしたここで 大塚美術館について簡単に説明をしておきますね「大塚国際美術館」は、大塚製薬グループが創立75周年記念事業として徳島県鳴門市に設立した日本最大の常設展示スペース(延床面積29,412平...

鳴門への旅1 鳴門大橋パノラマです

携帯から写メールで 鳴門大橋の画像をお送りしましたが 4月14 15日と 徳島県の鳴門に行ってきました三宮から 高速バスに乗って 明石大橋 鳴門大橋を渡ると鳴門公園のバス停です橋が二つかかって 随分と早く便利になりました三宮バスターミナルから 1時間16分でつくのです 運賃は往復で4950円家からでも2時間かからないのですから 昔と比べたら 格段の差ですね14日は 雨でした晴れていたら鳴門公園口で...

鳴門からです

おはようございます。鳴門に来ています、部屋から鳴門大橋が一望できます。朝日は残念ながら駄目でした。昨日は大塚美術館に行き今日は観潮船にのります。TOSSY上は ケータイから写メールしたものです私のケータイは古いから 写真もこのサイズまでしか送れません文章も 長くすると 写真添付できないのですそろそろ変えないとだめかなぁでも 面倒だから・・あっ 無事帰ってきました観潮船から 落ちませんでした平日の小...

レトロな町並み 琴平

金比羅さんの旅 金丸座 金比羅宮とご紹介してきました今回は 町並み 古い建物 おみやげ物屋さんなどをご紹介します琴平は 金比羅詣でで 江戸時代から栄えた古い町ですそんな町に必ずあるものは そう 造り酒屋です琴平にも有りました 「金陵の郷」 大楠のある広場がありました 資料館もありましたが 私は造り酒屋の町から来ていますので これは パスしました西宮の酒蔵通り蔵元にいる気分になりました上のスライドが...

金比羅まいり4 裏参道で下りました

CAFE神椿で おいしいカレーを食べて元気いっぱい おなかも満足さぁ 今度はくだりです神椿は 500段目です緩やかな石段を降りたところに書院がありますここは登りの時は チラッと横目で見ただけでしたので 門をくぐってはいることにしましたこの門構えもすごく立派ですねブログランキングに参加しています 続きを読む前に  応援してくださいねバナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリック...

金比羅まいり3 お昼ごはんはカレーです

金比羅まいり3です本宮まで 785段の石段を上がって お参りしました先を歩いていた妹たちの姿が見えません どうも さらに山道を 奥の院(奥社)へといったようです奥の院までは さらに583段 しかも山道 距離もあるみたい登ったら当然 下ってこなければいけない以前にくだりの山道でひざを痛めたことがあり 今も あまり距離を歩くとひざが痛くなるので 奥の院のおまいりは やめておくことにしましたさぁ コーヒ...

金比羅まいり2

金比羅まいり 続きです 大門のところまで ご紹介がすみましたねまだ見ていないひと 一つ戻ってね こちらクリックで 金比羅まいり1 へ前日の雨が上がって ご覧のような青空になりましたお芝居見物は雨でもいいですが お参りは やはりこんなようお天気の日にしたいですねこれも日頃の心がけ な~んちゃってでは 続きを読む前に ランキングの応援 今日も よろしくお願いしますねバナー または こちら FC2ブログ...

金比羅まいり 1

は~い お待たせしました 今日は 金比羅参りです江戸時代 伊勢まいりについで人気のあった金比羅さんです江戸の頃 旅行は自由に行くことは出来なかったのですでも 寺社のお参りは許されたのですね病弱や老齢で自分で行くことの出来ない人は 旅費とお賽銭を預けて 人に代わりに行ってもらうと言うこともしたのです 忙しくて 清水を空けることの出来なかった次郎長の代わりにお参りに行くのが 森の石松 ですね「すし く...

こんぴら歌舞伎大芝居

今日は こんぴら歌舞伎大芝居のご案内ですこんぴらさんと親しまれている琴平の金比羅宮は 全国に約600社ある金比羅宮の総本山江戸時代 金比羅参りはお伊勢参りに次ぐ人気となりました多くの人でにぎわったのですね 森の石松も行ったのです人の寄るところには 芝居小屋がつき物でしたちょっと ここで 金丸座 およびこんぴら歌舞伎についての説明です面倒な人は とばしてね最初は仮設小屋で 作っては壊しを繰り返してい...

金比羅さんは アンパンマン列車に乗って

もう 一月以上も前になりますが 琴平に行きましたこんぴら歌舞伎を見るために行ったのです少し時期遅れになりましたが 今日から 何回かに分けて アップしていきますまず 第一回は 電車から・・行ったのは 4月10日 ルートは 新大阪発 9:45ーのぞみ7号ー岡山着10:30  岡山発11;05ー特急南風7号ー琴平着岡山駅で新幹線から在来への乗り換えは初めてなので ちょっと乗り換え時間に余裕を持たせました...

金毘羅さん お参りしました

金毘羅さんに無事おまいまりを済ませました。今日はよいお天気でしたよ!写真を送ります。本殿までしたいきませんでした。桜がちょうどちりぞめで ハラサラと綺麗でした詳細は、帰ってからかきます...

こんぴら歌舞伎

琴平金丸座ですあいにくの雨で少しさむいでした。海老さま 華があって素敵!観客は、ほとんどが女性でした明日は金毘羅参りです...