スポンサーサイト

近江八景の一つ 堅田の浮き御堂

佐川美術館を見終わってから 琵琶湖大橋をまた渡って 対岸の堅田で食事をしてから 浮御堂に行きました琵琶湖大橋を 守山市側から堅田へと渡っています 琵琶湖大橋は 滋賀県大津市と同県守山市の間で琵琶湖に架かる国道477号の橋で 有料道路です琵琶湖はこの橋を境に北側は「北湖」または「太湖」と呼ばれ、南側は「南湖」と呼ばれています堅田は かただ ではなく かたたと読むようです私 かただ だと思っていましたで...

石垣の町坂本でそばを食べました

比叡山からケーブルで坂本の町まで下りてきました坂本は滋賀県大津市の地区名 古くから比叡山延暦寺 および坂本大社の門前町として栄えました日吉大社の参道わきには 山から下りた僧侶が住む里坊が並び 穴太積と呼ばれる石垣がならぶ落ち着いた街並みです重要伝統的建造物群保存地区として選定されているほか、2004年(平成16年)6月15日、歴史的風土保存区域に指定されていますケーブルを降りてしばらく下っていくと大きな神...

鳥居本宿場まつり5 街道を行く

鳥居本宿場まつり vol.5です街道筋をゆったりと脇見をしながら歩きました鳥居本には 本陣1 脇本陣2がありましたが そのほかにも一般の旅人のとまる旅籠が もちろんありましたここは 昔の旅籠だったところです今は デイサービスセンター鈴の音として使われていますこの日は日曜日でデイサービスセンターはお休みひこね自助具開発工房の皆さんが いろいろな自助具を展示されていましたほかにも古い建物がたくさん残ってい...

鳥居本宿場まつり4 赤玉のふるさと

鳥居本宿場まつり vol.4です今回は 旅人の必需品だった道中薬赤玉神教丸の有川家ご案内です健胃腸薬赤玉は 中山道に面して店を構え往来する旅人に売っていたのです鳥居本宿は 江戸から63番目江戸に下るのには ここからは山の中にさしかかります次の宿場は 62 番場宿(ばんばしゅく) そして 61 醒ヶ井(さめがい)宿 と続くのです前途は長く山の中 おなかが痛くなったら困りますよねで 薬を買ったのですよく時...

鳥居本宿場まつり3 鳥居本宿の合羽

とりいもと宿場まつり vol.3です昔 中山道を旅する旅人に人気のあった 赤いものが3つ 鳥居本にはあります一つは 鳥居本宿の雨合羽カッパという言葉は 漢字で書くと 合羽 これはポルトガル語の capaからきた言葉です宣教師がまとっていたケープですね当初は ラシャ(羊毛の生地)を使った豪華なもので 新いもの好きの織田信長も着ていたそうですここ鳥居本で作られていたものは 雨合羽 糸をすきこんで丈夫にした...

鳥居本宿場まつり2 旧本陣跡 ヴォーリズさんの建てた家

10月3日に開かれた第3回とりいもと宿場祭りの様子をご報告です主宰は 鳥居本お宝発見隊 共催として滋賀県の教育委員会文化財保護協会 近江鉄道など名を連ねていますが 基本地域の皆さんが総がかりでしておられましたキャッチッコピーは 「街道を赤に染め戦国時代情緒を演出します」普段は外からだけしか見ることのできない宿場まちの商家・民家の内部も公開され cafeなども開かれるそうなのです地元の方からの葉書が...

近江鉄道鳥居本駅 ゆるキャラ電車と電気機関車

10月3日に滋賀県鳥居本で 「とりいもと 宿場祭り」が開催されると案内をいただいたので行ってきました鳥居本は 旧中山道の宿場町で栄えた町で彦根市にあります行ったのはもう 1か月以上まえになるのに アップができずそのままになっていました今日は その鳥居本宿場祭りから 近江鉄道鳥居本駅でのイベントのご紹介です鳥居本駅は 赤いとんがり屋根のとってもかわいらしい駅舎で 2008年春に行っていますそしてBLOGに...

淡水魚の水族館のある琵琶湖博物館

琵琶湖の烏丸半島にある滋賀県立琵琶湖博物館のご案内です夏休み中ですので 親子連れや子ども会の団体などでにぎわっていましたここには 淡水魚としては 日本最大のトンネル型水槽があるのです頭の上をいろいろの種類の魚が泳いでいきます【トンネル水槽】「岩場から沖合にすむ魚たち」は、淡水水族展示としては日本最大のトンネル水槽で展示しています。この水槽は、水深6m、総水量は400㌧あります。ここで使われているアクリ...

みずの森に ハスとスイレンを写しに行きました

琵琶湖には ハスをはじめいろいろの水生植物が生育しています滋賀県草津市烏丸半島に花ハスの一大群生地があります7月26日の日曜日 そろそろと 群生のハスが見ごろだとの情報をいただいて 草津市立水生植物公園みずの森に行ってきましたその日は ハス祭りをしていて バスも臨時に便を増やしていたのです家を出るころは晴れていたのに 草津に着きバスに乗り みずの森に着いたとき 雨が降り始めました仕方が無いので 建物...

中山道 鳥居本宿2

中山道 鳥居本宿 続きです前編 まだの方は ひとつ前を先に見てね赤玉本舗と隣家との間に路地があります そこを入ると国道8号線にでます8号線を隔ててお寺がありました 上品(じょうほん)寺です 品を’ほん’と読むのですね上品寺は 元は天台宗の寺で 明暦2年(1656年)二浄土真宗に改宗しています鐘楼です この鐘は 7代了海(法海坊)が 江戸市中を托鉢して集めたお金で作ったもので 歌舞伎の題材にもなっている...

中山道 鳥居本宿

中山道 鳥居本宿は 江戸から63番目の宿場です駅の正面をわずかに歩くと もうそこは中山道 本陣も脇本陣も今はもうなく 跡だけですが 町並みは昔の風情が残っていますでは のんびりと 中山道を歩きましょうその前に いつものように お願いねブログランキングに参加しています 続きを読む前に  応援してくださいねバナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックすると ポイントが加算されま...

近江鉄道 鳥居本駅

近江鉄道に乗って 今回は レトロな可愛い鳥居本駅のご紹介です彦根から近江鉄道に乗って 高宮 多賀大社と行って来ましたが そもそも この小さなたびの目的は ここ 鳥居本駅だったのです後はみんなつけたしみたいなものです駅の写真をみたのですねそれがとってもかわいい建物だったから 見てみたいと思って行き先を決め ついでにあちこちいったのですこれが 鳥居本駅 滋賀県彦根市です鳥居本駅は 1931年(昭和6年)開...

近江鉄道に乗って 多賀大社2

お多賀さんこと 多賀大社は 天照大神の両親 イザナギ イザナミ 両神を祀る古事記にも記載されている古い神社です(延喜式神名帳に「近江国犬上郡 多何神社二座」と記載され、小社に列している)お多賀さんは莚命長寿の神様として 古来から 信仰を集めていました平成14年から始まった大造営(修理等)も終わり どこもかも ぴかぴかしていましたお宮参りに訪れている家族も何組かおられましたブログランキングに参加して...

近江鉄道に乗って 多賀大社1

近江鉄道に乗って 続編です  ”お伊勢参らば お多賀に参れ お伊勢お多賀の子でござる” と歌われた多賀大社は 歌の通り天照大神の父イザナギ 母イザナミの両神を祭っています高宮の大鳥居から 参道を歩いてでも1時間もかからずにいけるのですが 私は電車でいきました多賀大社前駅で下車  目の前に 大きな鳥居が立っていましたここから 絵馬通りと呼ばれている参道を歩くのです 約700mですでは 続きに行く前に ...

中山道 高宮宿3 レトロなもの

今回は 中山道高宮宿で見かけた 懐かしいものたちをご紹介します先ずは 日本の夏 キンチョーの夏 といえば この人ですねもう 何年前になるのでしょうか 昭和の歌姫が逝ったのは・・嵐山の美空ひばり館も閉館になり 工事中でした過去の人にならないで 何時までもみんなの心の中にいると思いますでは 続きに行く前に プッチンタイムいま ランキング 接戦中です 同列で並んでいます 皆様の力で押し上げてください応援...

中山道 高宮宿2 お寺 神社

前回に続いて 今日も 高宮宿です江戸期の人口が 3500名前後で 中山道の宿場町としては2番目の大きさだったそうですその町に 立派な神社がありました 高宮(こうぐう)神社です神職の方が 正装で歩いていかれますこれは 何かするのだなぁと 急いで 随身門をくぐりました両側の木は サクラです まだ咲くには10日ほど早い時期でした咲いたら それは見事でしょうね続きに読む前に ランキング 応援してくださいね...

中山道 高宮宿

JR彦根から 近江鉄道に乗りかえて2駅目 高宮は 中山道の宿場のあった町ですうだつのある家々が並ぶ高宮の町は 本陣は 今は 表門を残すだけですが 大きなお寺がいくつもあり 神社も立派でした昔 道中合羽を着た旅人の歩いた道を 子供が自転車で通り過ぎていきました本陣 脇本陣とは 以下は Wikipediaからです本陣(ほんじん)というのはもともと戦場において大将の位置する本営のことを言ったものだったが...

近江鉄道に乗って

近江鉄道に乗ってきました近江鉄道は 湖東を走る滋賀県最古の私鉄(1896年設立)です 西武グループで車両も西武の中古車両 地元では ガチャコン電車と人気だそうです春の青春18切符を使って 綾部山梅林 五個荘といってきましたが まだ1枚残っていたのですさあ どこに行こうかと考えたとき 近江八幡駅で見た可愛い電車に乗ってみたくなりましたずっと以前に 「関西るるぶ 大人の遠足 中山道近江路を歩く」 を買...

てんびんの里 五個荘

てんびんの里とは 五個荘のキャッチコピーです五個荘は 滋賀県の湖東平野の中部に位置し 中山道の通る要衝の地でした江戸時代から 天秤棒で近江特産の反物などをかつぎ 全国に近江商人は販路を広げました天秤棒1本で財を成した五個荘商人は白壁の本宅を五個荘に置き 天秤棒を担いで各地を行商したのです商人屋敷の庭には 近江商人の像がありましたこんな格好で 重い荷物を担いで山を越えていったのですね荷物の重さは 確...

近江の里の お雛様

近江商人の里 五個荘(ごかしょう)に行ってきました「商家に伝わる雛人形めぐり」を 近江商人屋敷で開催中なのです(3月30日まで)五箇荘は JR能登川駅から バスで10分ぐらいのところですもちろん 青春18切符を使っての小さな旅です五箇荘って どこにあるかの説明からしますね  合併で 東近江市五個荘になっています近江八幡の北東に位置します五個荘は 近江商人を多数輩出したところです金堂地区には 近江商...

中山道 醒ケ井宿5 ちょっといい話

醒ケ井の旅 いよいよお終いです今回は 心に残ったちょっといい話です醒ケ井は古い町並みですちょっとお茶を と思っても お食事とか お茶をするところって 少ないのです駅を降りたら直ぐの右手に 道の駅ならぬ 水の駅がありますが ここぐらいでしょうかとにかく 喫茶店が 無いのです地蔵川に沿って 歩いていますと 家ノ前でお野菜とかちょっとしたお土産などを売っている所がありましたそこで 見かけましたちゃんと椅...

中山道醒ケ井宿4 梅花藻咲く頃

醒ケ井といえば 夏になると駅にポスターが張り出されます「バイカモを見にいらしゃいませんか」とか なんとか・・もう すごく有名ですね私もいろいろな人から 掲示板にバイカモの写真をハリコしていただきました行ったのが8月の半ば過ぎですからもう遅いと思っていたのですが 咲いていたのでカンゲキしましたね写真は花日記にもアップしましたが こんなスライドを造りましたので 見てくださいね沢山の人が写真を写しに来て...

中山道醒ケ井宿3 地蔵川

醒ケ井宿の町なかを 地蔵川が流れていますこの川は 湧き水が 源なのですここが 源流です いざめの清水といいます日本武尊が 伊吹山で大蛇の毒を受け高熱をこの清水で冷やしたところ 不思議と苦しみが醒めたという清水です昔は お地蔵さんは 川の中で座っていたとか・・古くから 延命地蔵尊の名で知られ 8月23,24日に行われる地蔵盆は 盛大で 遠方からも 人が寄りますポスターが貼ってありました 町は 地蔵凡...

中山道 醒ケ井宿2

醒ケ井宿には 古い町並みが残っていますまた 比較的新しい家も 古い町並みのハーモニーを壊すような ○○ハウスと言うようなのは見当たりませんでしたよく保たれた町並みでした住んでいる人たちが 景観を守るっってことを大事にしてる町です今回は 建物をご紹介しますね造り醤油屋さんです 中でお醤油 売っていますよ...

中山道 醒ケ井宿その1

この夏に 中山道 醒ケ井宿に行きました近江八幡で2泊した後 醒ケ井に行ったのです醒ケ井は JR米原駅から 東海道線で 一駅東に行った所です古い宿場町の町並みの中央に流れる地蔵川に咲く バイカモが有名なのですそれとすこし山のほうにはいッたところには 鱒の養殖場があります茶色い道が 中山道 上の緑は名神高速道路です中山道は 東海道よりも北に位置する山の中を京都三条から お江戸まで続く街道ですいま NH...

近江八幡 素敵な出会い2

お目当てのお蕎麦やさんは 営業していなくて 夕暮の道を歩き始めました前回の記事 お読みでなくて事情のわからない方は こちら 先に読んでね道路を隔てた所に 家の前庭いっぱいに花を咲かせているお宅がありました思わず大きな声で 「うわぁ きれい あそこのお家」って言ってましたそうしたら 花に水をやっていた奥さんが振り向かれたのです道越に「きれいですねぇ お水やリ 大変ですねぇ」って言いましたそうしたらに...

近江八幡の旅11 お食事処2

近江八幡のお食事どころ その2です2日目の昼食は 近江八幡唯一の酒蔵を利用した食事処 「酒游館」ですここは お酒ミュージアム的な空間もあって なかなか面白い空間ですこの場所を使ってコンサートなどもしているそうですこの杉玉が目印です杉玉は 造り酒屋のシンボル新酒が出来あがると 青々とした杉玉を軒下に吊り下げます「今年も美味しいお酒ができましたよ」と言う知らせになるのです月日が経つにつれ 杉玉は茶色く...

近江八幡の旅10 かわらミュージアム

食べ物関連が続きましたので 一寸一休みあまり知られていないですが 近江八幡は瓦の産地でもあるのですよあの魅力的な落ち着いた町並みは 瓦の美しさによるところが大きいですねかわらミュージアムもそんな町並みの雰囲気を壊さないように 白壁と瓦屋根の美しい建物ですあっ 倒れるぅ 微妙な所でバランスをたもっています石畳ならぬかわら畳の道ですとても暑くて 確かここには喫茶があるはずだと探していますやっと喫茶店を...

近江八万の旅9 お食事どころ

近江八幡での 一日目のお昼ごはんです日牟禮神社野大鳥居をくぐって直ぐの右手にどっしりと構えている 日牟禮茶屋 ここの蒸篭むし膳を予約してありました名物なのだそうです予約 30数名でしたので11時しか取れませんでした大きな木彫りのカメが 置いてありましたこのガラス窓の中が お食事どころかな入り口です↓は 店内古い民家をイメージした造りになっています お待ちかね 名物だという 蒸篭蒸し膳 近江のモチ米...

近江八幡の旅8 日牟禮カフェ

近江八幡は 古い建物がいっぱいある所です観光客向けのお食事どころは 殆ど築100年と言うような建物が多いです今回 町での飲食は 喫茶 3店 昼食 2店でしたまず順番に 朝からね朝早く家を出た私たちは 9時には近江八幡についていましたとりあえず 集合場所の日牟禮ヴィレッジを確認しておこうと バスで大杉町へ日牟禮八幡境内に着いたのが9時30分ごろここは たねやと言う老舗の和菓子屋さんが お食事どころ ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。