スポンサーサイト

西ノ京やまぐち 瑠璃光寺の国宝五重塔

前回にさっと紹介した瑠璃光寺をご案内しますね室町時代、大内氏25代の大内義弘が現在の場所に香積寺を建立したが、義弘は応永6年(1399年)に応永の乱を起こし足利義満に敗れて戦死する。義弘の弟である26代大内盛見が兄を弔うためここに五重塔の建設を開始したが、盛見自身も九州の少弐氏・大友氏との戦いで永享3年(1431年)に戦死する。五重塔はその後嘉吉2年(1442年)頃に完成した。Wikipediaより引用五重塔を建て...

西の京 やまぐち ザビエル聖堂と国宝五重塔 雪舟庭

長州への旅もいよいよ最後の観光地山口市です山口市は 山口県のほぼ中央に位置し 自然と歴史が共存する文化都市です室町時代に大内弘世がここ山口を大内氏の本拠地としたことから発展し 西国一の大名として栄えました大内氏から毛利氏の時代になり 藩の中心は萩になりましたが 幕末には 萩から山口市に藩庁が移され明治維新の中心的な役割を果たしましたとっても落ち着いたしっとりとした街です湯田温泉から 観光乗合タクシ...

長州への旅10 維新の志士も愛した湯田温泉

長州への旅2泊目の湯田温泉へと向かいます新下関 山陽線  新山口 山口線に乗り換え  湯田温泉山口市にある湯田温泉は 白狐が発見した湯と言われています大きな白狐が迎えてくれました駅の周りには温泉街らしい賑わいはありませんここから温泉中心街まで 500mぐらい タクシーを使うほどの距離でもなく歩いて向かいますでは 続きでどうぞ続きに行く前に いつものお願いですブログランキングに参加しています  応援...

長州への旅9 長府毛利邸 

功山寺をでて 左へ少し歩くと 豪壮な武家屋敷の前に出ます道から門まで 何メートルぐらいあるかしら 少し上り坂ですここは 長府毛利家14代元敏公によってたてられた邸宅で完成は明治36年(1903年)大正8年まで長府毛利家の邸宅として使用されました明治天皇も泊まられたことがあるお屋敷です中は 続きで見てね続きに行く前に いつものお願いですブログランキングに参加しています  応援してくださいねバナー また...

長州への旅8 高杉晋作回天義挙の地 功山寺

下関・長府城下町散策 続きです壇具川べりを上流に歩いて10分すこし長府毛利家の菩提寺 金山功山寺の総門の前にでます旧山陽道に面して十数段の石段の上に建っています 創建時の室町時代中期建立、禅宗様、四脚門、木造、瓦葺き、間口4.4m国登録有形文化財に指定されています門の右側の大きな表札に 中国観音霊場 第19番 と書いてあります10年ほど前に 観音霊場めぐりを1年かけてしまして その時にもこのお寺にはお...

長州への旅7 長府城下町を歩く

長州への旅 1日目は無事門司へとたどり着き 素敵な夜景も眺めることが出来ました2日目の予定は09:11  門司港   鹿児島本線普通中津行09:17  門司09;20  門司 山陽本線普通 下関行09:27  下関09;31  下関 山陽本線普通 新山口行09:40  新下関 タクシーで長府城下町へ  功山寺 調布毛利別邸など観光 散策 ランチを楽しんだあと新下関  山陽本線普通  新山口 山...

長州への旅3 関門トンネル歩いて九州へ

いよいよ旅の前半のクライマックス 関門海峡を歩いて渡る ですこの建物が トンネルへの入り口ですここから 入って エレベーターで 地下トンネルまで垂直移動 ですなんだかわくわくします続きに行く前に いつものお願いですブログランキングに参加しています  応援してくださいねバナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね  今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 応援クリッ...

長州への旅2  壇ノ浦 二つの戦

長州への旅と名付けましたが 長州とは 江戸時代に周防国と長門国を領国とした外様大名・毛利氏を藩主とする藩。家格は国主・大広間詰。 幕末になると長州藩は公武合体論や尊皇攘夷を拠り所にして、おもに京都で政局をリードする存在になる。また藩士吉田松陰の私塾(当時の幕府にとっては危険思想の持ち主とされ事実上幽閉)松下村塾で学んだ多くの藩士がさまざまな分野で活躍、これが倒幕運動につながってゆく。Wikipediaより引...

長州への旅1 下関

5月13日 山口県へ旅 出発です第一日目の日程です 09:18 発 新大阪 新幹線さくら549号(N700系)鹿児島中央行11:33 換 新下関11:40 山陽新幹線 普通(下関行)11:49  下関下関市内観光 海峡ゆめタワー=バス=唐戸市場にて昼食=バス=壇ノ浦 関門トンネル=徒歩=門司=バス=門司港 新大阪から下関まで乗り換え時間も含めて 2時間31分 JR営業距離は 539.5km 速いですね...

御無沙汰しました

随分とご無沙汰してしまいました 前回の更新のあと GW明けに神奈川の妹がやってきて 二人でお墓参りに行ったりしてから 恒例の春の旅行に行きました 今年は 大河ドラマ「花燃ゆ」にちなんで 長州への2泊3日の旅  JRが タイアップ企画で「やまぐち幕末ISHINきっぷ」というのが売り出されて 連続する3日間の利用で 大阪市内から 往復22,000円 往復新幹線が使えて 山口県内自由周遊区間は在来線乗り...

お雛様

伊藤博文別邸で お雛様の展示をしていました当時のものではなく 昭和の其れも割りに新しいお雛様でしたが なかなか立派なお雛様でした七段飾りです 6条の座敷いっぱいになっていますよこんなの普通の家に飾ったら 寝るところなくなってしまうわ日光で痛むのを避けるため 窓を背にして飾っているので 完全に逆光です部分測光でフラッシュは使わないで写しましたこのお内裏様 ふっくらとしていいお顔ですね男雛は 優しいお...

萩 その2 伊藤博文旧居

松下村塾から 歩いて5分ぐらいの所に 初代総理大臣 伊藤博文旧居があります左手に 博文公の 像がありましたこの蔵が 萩焼で出来ているそうです伊藤博文は 天保12年 周防国熊毛郡束荷村(山口県熊毛郡大和町 に生まれ、父は長州藩軽率伊藤直右衛門の庸人林十蔵で、蔵元付仲間伊藤家の養子となり、下級の武士身分を得た。家貧しく 12,3歳で若当奉公に出 14歳のときに伊藤姓を名乗った。松下村塾で学び 尊王攘夷運動...

萩 松陰神社 松下村塾

中国観音霊場巡礼の旅も 今回で 9回目になった 今回の行き先は 山口県 萩市 島根県 浜田市 あさ 出発時は 雨が降っていた 西に向かって走るので 広島に入った頃には もう小降りになって萩では お日様も出てきた お寺参りは翌日ということで 観光をする まず 松陰神社 萩は維新の志士たちを多勢 輩出した毛利家の城下町吉田松陰は 神様になって祭られているのね鳥居をくぐって少し行くと なんだか小汚い小さな建...

下関

今日は下関の宗麟寺、功山寺にお参りしあと関門橋をみに行きました。後はもう帰るだけですo(^-^)o下関は、マンホールも、ふぐですTOSSY...

湯田温泉から

中国観音霊場巡礼のたびで湯田温泉にきています。外は。雨です。 17番龍蔵寺です 明日は下関にいきます 晴れたらいいな...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。